困ったときのスライ&ロビーだな 懐かしのSOUND OF SOUND

  • 2019.09.16 Monday
  • 09:35


彼らがいなければ成り立たない感がその昔あったような・・・・そのぐらいの存在だった。
そのベスト盤。その昔の安売りで買ったのだろう。
いやあ、いきなりのいい感じでリズムが踊り始める。
マイケル・ロースが歌い始める。
その昔のブラック・ユフルーの野外ライブが懐かしだな。
いまだに覚えているぜ。・・・あっという間に終わったが。
あの凄まじきライブの歌をリズセクがこの中にもあるわけだ。
そう全12曲がこのペースで進むわけだ。
いい朝だ。何気に眼に入って手元に・・・そう、きっとそれが今日の運命なのだ。
いやあ、本気でガーネット・シルクのトゥースティングが結構いいね。
本当に素晴らしい朝がやってきているのだ。
だが外は雨。
そんなことも吹き飛ばしてくれるのが音なのだ。
快感に感じる音があれば、その先はもう幸せ。
呑気すぎかもしれないが、そのぐらいの気分でいないと、この先のトンデモない状況を乗り切れないはずだ。
最悪の政府・・・・いつも最悪なわけだが、それに対抗するには自分で自分を支えるしか・・・
その時分を支えてくれるのがスライ&ロビー!!
そういうことなのだ。
で、いい加減に選挙やろうぜ!っていいつつも出るやつらが・・・・これがダメダメでした。
ボヤキのおっさんが思わず体がノリ始める!
いやあ、いい感じの朝だ!

サンキュー
スライ・ダンパー様
ロビー・シェクスピア様

昼のアフリカン・ヘッド・チャージ グレート・ヴィンテージ1 いやあすさまじき一歩間違えば・・・

  • 2019.09.14 Saturday
  • 14:14


なんだろう、このパーカッシブな音の集大成は!
ひたすら暗がりを徨い歩く感覚というのが正解なのだろう。
その昔の地獄の黙示録のジャングルの世界が音として広がっていく感じだ。
まさしく音の空想の中での人間の動きを表現すると、このようになるのだろう。
いやあ、凄まじき音の塊が俺を攻めてくる。
基本はとにかくは不思議なパーカッションの音。
様々な音が基本となり全体を作り上げていく。
そこでベースが歌う。
そして謎の声が・・・・・・・・いやあ彷徨いの世界だな。
なんとも言えない世界が目の前に広がる。

いやあジャングルを彷徨うときっとこのような感覚になるのだろうな!
と、まあ勝手な想像をしてしまう。

何年前の音なのだ????1981-1982にあたりの音世界。
手元はon-uのもの。made in france

いやああのころが懐かしすぎだな。
音の世界が大きく変動していた時のい音だね。

なつかしさが・・・・・勝手に・・・・・・・

ううううううう

ダブ・シンジケート クラシック・セレクション volume2

  • 2019.09.14 Saturday
  • 10:14


朝からダブもいいね。
なんだろう、このベースのはじき出すビート音が朝の雰囲気に合っているのだ。
何気に眠いが仕事中。
だがその気分を一気にハイテンションにもっていき
やる気を思い切り出させてくれる。
いやあ、ダブっていいね。
このビートと音の展開を楽しむ部分が本当にたのしい。
音世界の中を漂いながらも、何気に普通に動く。
いやあ、体になじんだ音の良さがここにあるわけだ。
ところでvolume1はどこに行ってしまったのだ???

買っていないのだろうか?
いやあ久しぶりの購買意欲が・・・・・・だが・・・・うーむ。

大音量で聞きたいのだが・・・・それは・・・・危険だ。
後ろから殴られる

アルトン・エリス・・・音が本当にアナログの音。いいね、MR SOUL OF JAMAICA

  • 2019.09.09 Monday
  • 08:21


のどかな世界がやってきた。
本気で体を休めて気楽になりたい瞬間に必要な音だな。
歌が的確で聞きやすく、その声にスカビートがしっかりと乗っている
その後ろのバックの音がなつかしさあふれる昔の温室の音。
レコードが懐かしくなる音だ。
このCD自体が古いのだな、現実に
値段のラベルがそのまま950円・・・多分ここから半額ぐらいで買ったはずだ。
CDバーゲンには必ずあった500円コーナーに行けば。。。。。
そう、結局日本でもレゲェであれスカはそういう場所になるわけだ。
聞く側が多くないということが,とにかくは一番なのだろう。
MR.SOUL OF JAMAICA
これが当時の彼の位置。
そうこれがジャマイカの音であったわけだ。
いやあ、落ち着くね何気に。
気楽な人生を生きるにはこの音が一番だな。

サウンド・デ・アフリカ 1 いやあ、朝からこのノリのよさが最高!!

  • 2019.09.08 Sunday
  • 10:11


あっという間に目が覚めて、体が動き出す。
そう、リズムの楽しさがすさまじく素晴らしい!
いやあ、この気分で生きていければ台風は怖くないのだ!ってまあ呑気すぎだね。
しかしまあ、本気でどこから来るのだろうこの元気
それ以上にこの演奏力の凄さはすさまじい。
最高の気分にいきなりさせてくれるこのこわさがアフリカなのか?
その昔アフリカブームがあったときに中古で買ったはず。
それも相当安く買ったはずだ。
これを聞くと思わず探したくなるという困った性のおっさんなのだが
本気で今日の気分を最高にしてもらっている。
この音のやさしさと柔らかなの中でのすさまじい演奏とノリ
ベース音が何気にきっちりとした高度なテクニックで全体を支え切っている。
ビート音のすばらしさはもう絶句もの
今日も気楽に気軽に生きていける気分にさせてくるこの音楽は最高だね!

アフリカに行きたいが・・・・俺は飛行機搭乗禁止どころか高速交通機関乗車禁止の状態。
気持ちはアフリカで生きていくしかないな!

疲れ切ってSTRIPPED ローリング・ストーンズ

  • 2019.09.05 Thursday
  • 20:47


懐かしの歌の集大成でもあるわけだ
子供のころから親しんだ音のアコースティックヴァージョン。
いやあ、本当に心休まる瞬間が本当にあるのがすごいな。
つかれが勝手に抜けていくかのような気分がアZ和得る瞬間は最高だ。
なんだろう、やっぱり本気ですきだったわけだ。
普段聞いている音の傾向とは全く違う状態になっているのだが・・・
うーむ、声で誰かわかるというのも本当に楽しい。
最高の音がここにあるわけだ。

いやあ、楽器を引っ張りだして・・・そういう気分にもなってくるね。
キースぐらいの音であれば・・・・おいおい。
味が違うだろうの世界だな。

いやあしかし疲れが抜けていく。
よく眠れそうだ

ノーアグリーメント フェラ・クティ

  • 2019.08.14 Wednesday
  • 10:11


久しぶりのフェラ・クティ
だがこの暑さバトルにはちょうどいい感じだ。
本気で闘っている感覚が暑さバトルにもぴったりだ。
このなんとも言えないビートの動きというか流れの動きが本気で体を元気にしてくれる。
そしてフェラのサックス
本気でひたすら吹きまくって聞き手完全に掌握するような吹き方が本気ですごい。
ひたすら彼の音を聞くしかないのだ状況がなんとも言えずに最高だ。
闘いの音楽・・・・うーん、なんだろう、なぜに音楽があるのか?
その解答がこのフェラの作品群だろう。
そして同時収録 Dog Eat Dog
いやあ、もうなんだろうひたすらのサックスにそれを支える音たち
本気の音楽がここにあるという感じってなんだか書きながらも???だが
そう、本当に引き付けられて離れらない音の表現がこれ・・・っておいおいかな。
だが本当に凄い音だ。
人間を引き付ける音楽の凄さがここにあるのだろう。
いやあ、これでこのクソ暑い夏も乗り切れるのだ!

サンキュー!フェラ・・・・・かれこれオリジナル・サファー・ヘッドからか・・・
かれこれ40年だな。
凄いね、やっぱり!

懐かしすぎのピクチャーブック シンプリィ・レッド

  • 2019.08.12 Monday
  • 22:04


このあたりはかなり微妙。
来日しているのであれば見ている可能性が・・・・
と、いうのも私自身が軽い記憶喪失患者。
大病で記憶を失っている。
で、音楽・・・・いろいろ確実に思い出すわけだ。
思い入れがあれば確実に、そして思い出がついていれば間違いなく思い出す。
そういう状況を10年続けて、気が付くとなぜか小学校時代は思い出し
幼稚園をなぜかそして3歳ころの記憶まで思い出している。
まあ記憶に思い入れやなつかしさ、そしてたのしければ確実に思い出すわけだ。
以外となぜかしっかり覚えているのが高校時代に世界史と数学の先生に謝罪をもらったこと。
そう、教えきれなくて悪い!と謝罪された。ふつうの高校でふつうの高校以上の状況にまで成績が伸びた俺。
思いあがってはいけないとばかりに強烈な試験を・・・・だけど好きで勉強していたからあっさりと
そう、思い出ってそういうもの、それ以上に自分に思い入れがあれば自然と力は伸びる。
記憶の中は本当に宝物
思い出すことそれって大事なわけだ
Come to M y Aid いやあ懐かしい出だしの貸はキチンと覚えている。
そう、間違いなくライブを見ていることもこうしていると思い出す。
歌いだし左右に走るミック・ハックネルいやあ決して恰好いいわけではないが
真剣に何かを伝えるがためのタイブパフォーマンスと歌。
いやあ、気持ちがよかったライブだった。
そのデビュー盤。いまだに持ち続けている。サビの部分は何とも印象が残っている。
懐かしい=楽しい。
そう、本当に楽しいライブであり歌だった。
果たして今は???????

そんなことはドーデもいいのだ。
相変わらず楽しく一緒に歌いたくなる作品だ。
傑作ではないが楽しく時間を過ごせることは確かだ。

懐かしのエモーショナルレスキュー!さあ俺をどこにでも送ってくれ!ローリング・ストーンズ

  • 2019.08.10 Saturday
  • 08:26


いい加減にキーボードは変えないといけないな。
いやあ必殺500円が露骨に・・・・
キーが高くて間違えるのだ。
使いづらいが・・・まあアキバに行く暇が・・・・いけよ!の世界だな。
お祭りの帰りによるとするか。
で、ストーンズ。
高校のころだな、発売を真剣に待たされて・・・・ようやく発売の世界だったはずだ。
レゲェ的な部分がという評価があったわけだが、そこまでではないな。
だが確かに緩やかに包容力のある音が全体を包んでいることは確かだ。
歌がとにかく熱い。いまだに有効な音があるのはこの歌のおかげだろう。
音云々ではなくあくまでも歌の集大成的な作り方がいまだに有効な作品であり続けることの理由なのだろう。
ひたすら相手のことだけを考えることの重大さを歌う部分といい、本気で気持ちのよさが伝わってくる。
どんなに言っていることで人を納得させようとする人間の言葉よりも
音から伝わってくる彼らの言葉のほうがはるかに有効だ。
いまだにこの音の良さから離れられない
愛情のや感情それの集大成の表現がこの作品そのものの部分なのだろう。
永遠の名作だな。人によるかもしれないが。
気楽に気分を開放させたいときには本当に最高の音だ。
いまだに有効、ローリング・ストーンズ

エリック・ベネイのスライ!!やっぱりスライの曲はいいね。 TRUE TO MYSELF いやあ懐かしの作品だな。

  • 2019.08.09 Friday
  • 08:24


エリック・ベネイもライブ見ているはずだな。
TRUE TO MYSELF 
何年たってもいいね、これって。朝でも大丈夫というよりもなんだろうパワーをありがとうの世界だな。
いやあ、力を曲すべてに入れまくっているような歌。
そして音のつくり方。なんだろう、このぐらいで最低誰もが作ってくれるといいのだが・・・
歌い手の凄さはすべてにつながっていることの証明を彼はこの作品でやっているかのようだ。
どの曲でも彼の歌が光り輝いている。
その中でのスライの曲の良さは最高だ。
他の曲も一緒に生きているかのような気持ちにさせてくれている。
このような歌の歌い方は滅多にきくことができるようなものではないはずだ。
歌詞カード付のCDは珍しいがキチンと作って封入されている。
まあデビューしたてのころの時だけだったのかもしれないけれど。
それだけ誰もが引き付けられるはずだの思いが周りにあったのだろう。
歌のすばらしさがすべてを支える。
そういう作品。
そう、歌を聞きたいという気分のときには最高の作品だ。

ただし今とは音はどうなのだろう。
当時の新しい音は今は???????

うーむそれが俺にはもうわからない。
また入院くらうのか????

いやあ、そんな金はないのだ!!真面目にまっすぐ健康の証明をせねば。
まいったっておいおい自分のことに変身だな。

だけどそういう作品だよ、本当に人間をうたっている。
なんだろう、くたばるまで何気に聞いているのだろうな。

俺は本気でこれが好き!!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM