アンクルマツのCDガイドのブログ

3回目のスタートになったのだ。
というわけでもないのだが再びスタート
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
目覚ましのスタジアムアーカデイアム

JUGEMテーマ:No Music, No Life



のどかなっておいおい、まあ軽くもともとそういう部分があるバンドだからそれはそうだな。
だけどやっぱり目覚ましにちょうどいいということは確かだ。
でのんきに朝から。。。。っておいおいそれは無理だな。
だが完全に目覚まし成功!

ギブアップの人生に光を当ててくれたのかな?
さあてあてるぜ!!
おい、何をだ???
さあて¥¥¥¥¥¥¥¥7ならべ

ロック | 08:02 | comments(0) | - | - | - |
レッド・ホット・チリ・ペパーズ グレイテスト・ヒッツ

JUGEMテーマ:No Music, No Life



疲れ切っているときに結構いいね。
Under The Bridgeでいきなり癒されそこから突進。
爆睡ができそうだ。いやあ、なんだか気持ちがいいね。
一度でいいから生でみたかったなあ・・・と思いつつも・・・・
まあ、だがとにかくはいきなりのUnder The Bridgeの心地よさで本当に気持ちがよくなる。
その流れで一気に彼らの世界のなかへ

なんだろう、いやあ、なんだか気分がいいね。
元気をいただきましたという平凡な言葉が思わず出てきてなんだかなあ・・・・・

うーむ、疲れすぎのおっさんのぼやきだな
ロック | 21:09 | comments(0) | - | - | - |
なつかしのエリック・クラプトン、ファースト

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いやあ、なつかしいな。
高校の頃に廉価盤発売があり、喜んで購入にはしった!
そのぐらいまだまだ何も知らなかったわけだ。
ギターを覚えて、うまくなりたいなの世界にいたころだったから余計だな。
とにかくは基本がしっかりと理解できるところに居てくれたから余計だね。
何しろ当時はフュージョンブーム・・・・そう、クラプトンとは関係のない世界のころ。
その上に彼はまだまだ麻薬中毒の問題から帰ってきた。。。。日本に来て・・・・
そういう時代が日本にもあったわけだ。
そのなかで聞くクラプトンは新鮮だった。
曲がわかりやすいということもあるのだろう。
これなら一緒に歌えるぜ!、うまくすればギターソロの部分も楽勝!!!!
と、まあ軽く勘違いするわけだ。そのぐらいわかりやすくギターを弾き、歌をしっかり歌っている。
彼の代表曲が結構入っているということもこの作品を印象づけているのだろう。
まあ全盛のころの録音だからよけいにそうだろう。
いまだに LET IT RAINは時々頭の中で歌が・・・・・まあそれぐらいわかりやすく、楽しめる作品ということだ。
本当に気楽な時間をイギリス系のアメリカンロックを聴きたくなった時には本当にいい感じで聞ける作品だ。
いまだに新しい、古いという概念から離れているところもいいね。
人間が歌い人間が演奏をしている。
いやあ、歌っていいね。だけどやっぱり彼のギターは分かりやすくて気分がよくなるね。
ロック | 09:11 | comments(0) | - | - | - |
エクスペンシヴ・シット フェラ・クティ

JUGEMテーマ:No Music, No Life



フェラ・クティの作品で初めてのころ近所のレコード屋さんで飾ってあったのが懐かしい。
学生街の近くに家があり、そしてその流れなのかなぜか輸入盤屋さんがあり
まあ私の子供のころはまだまだ学生運動がさかんだったころ。
その中でのレコード屋さんでとなるとやっぱりパワフルな感じになっていくのだろうという感じで
内容はまったく知らずで「うっひょうーーーー」状態。
で何気にCD化され入手。
過去はとんでもないプレミア付だったLP時代とは違い普通の値段の輸入盤安売り価格で購入。
何気にたたきの強いキーボードが主体の音が全体の音を支え続ける彼の歌は
常に戦闘を意識させられてしまうものだ。
しかしなんだろうこの見事なサックス
気持ちを高ぶらせ向かっていく元気を与えてくれる感じ。
そして、曲の前に何気に入る彼の声
それらがすべて全体につながり、そして気持ちを最高に高ぶらせてくれる。
このパワーがすべて音楽に傾き、そして聞き手に伝わってくる。
最高の音がここにある。
パワーをいただきに今日も何気に聞いてしまうのがこの作品という感じになってしまうときがあったりもする。
いやあ、本気ですさまじい作品だ。


アフリカ他 | 17:50 | comments(0) | - | - | - |
超久しぶりのEC WAS HERE

JUGEMテーマ:No Music, No Life



高校の頃あこがれたなあ・・・・そうギターソロで。
そういうフュージョンが大流行する中で何気にブルース系統に走った俺。
まだまだP-VINEが大きく動く前の時代。
黒人ものは本気で入手が難しかった。
で、クラプトンという流れの中で思わず聞いて、コピーを試むの巻
まあ、要するにがわかってくると、そういうことだったのかでどーすればいいのかがわかるまでは大変なのだということが理解できてくるというわけだ。。。。。何を言っているのだ、俺は。

まあ、だけど疲れているときは白人のブルースものは軽くって聞きやすくて悪くないね。
最近もともとの部分を聞きすぎて、そのすさまじさを再認識していることもあり。特にそんな感じだ。

いやあ、だけど音楽っていいね。
疲れを癒してくれる。

では!
ロック | 20:12 | comments(0) | - | - | - |
朝の景気付にエディ・テイラー バッドボーイ

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いやあ、定型の進行でもそのパワーで圧倒してくるのだ!
参りますねこの力。一発で目が覚める。
しかし当たり前のパターンの進行でも人間のパワーで!いいね。
しかしカッティングの強さが素晴らしいね。
それに絡む他のメンツの音の強さが生半可なものではない!
参ります、このパワー!
音の生命感がすべてを支えてくれている。
この力強さが最高だ!
いやあこのパワーが延々と続くのがエディ・テイラーの良さだよね。
いやあ、パワーに圧倒される音っていいね。
いやあ気分は最高、目が覚めた!!
ブルース | 08:54 | comments(0) | - | - | - |
朝はさわやかに・・・・・無理だな。さすがにバテバテ

JUGEMテーマ:No Music, No Life



うん、クタクタ。
朝に音楽の選択の脳みそすら寝坊中。
さすがに土日も脳みそつかって働くとこうなるのだの世界が今。
午後にはきっと目覚める・・いや、夕方か???・
まあ寝る前には・・・・おいおい

では、行ってきまーすって、おいおい
- | 08:52 | comments(0) | - | - | - |
はたしてストーリビル ロビー・ロバートソン


ロビー・ロバートソン・・・・そうファーストは大傑作。
セカンドのこの作品。地道な雰囲気での販売だったような印象がある。
そして、とにかくベースが変わった。
あからさまにベースの流れが全く違う感じだ。果たして誰がの世界がここにあったりするような。
曲は前作の続編的雰囲気。そう、彼の世界はそう簡単には変わらないということね。
流れはゆったりと、だが真剣に気さくにという感じで聞きやすい
前作と比べて細かな音が結構丁寧にいろいろと、そういう感じで音だけでも結構楽しめる。
しかし曲は、続編的雰囲気が出過ぎているような感じがする。
歌がとにかく前作との共通項を感じさせる部分が多すぎるのか、
なんだろうどこかで聞いたような的な雰囲気になりがちのものに聞こえてくる瞬間がある。
丁寧に作ってある作品で結構いい感じなのだが。。。。
ちょっとお手軽になった感じが不思議だ。

ロック | 08:27 | comments(0) | - | - | - |
オーガスタス・パブロ キング・タビー・ミーツ・ロッカーズ・アップタウン


ベースはロビー・シェイクスピア。
スライ&ロビー誕生前という状態なのだな。
しかし強烈なベースが全体を支配する。
見事なダブだ。そう、言葉はなくとも何かが迫ってきて、訴えかけてくる。
そのなんとも言えない語りがダブの凄さだろう。
パブロの音よりもなによりも音全体で迫ってくる。
キング・タビーの凄さが先に出ているということなのだろう。
いやあ、なんだろうこの音の塊の内部の出来のよさ。
ほんきでロビーのベースがすさまじい。
うまいとか速いとかではなく、説得力と存在感と働きかけ。
そう、ベースが語っているのだ。
それにパブロが時々かぶせてきている感じに思える。
いやあ、聞けば聞くほど不思議な作品だ。

いいよ、これ!
案外安いときがあるから興味本位の人はそういうときに買ってくださいね。
そのぐらいダブは理解してからでなければ難しい部分がある。
だが理解完了後は離れられなくなる!
レゲエ | 07:35 | comments(0) | - | - | - |
疲れを癒しにPファンク・オールスターズライブ!!


必殺の2枚組ライブ。
大暴れのライブだ。
真剣に凄すぎのサウンドがこころを大きくとらえてすでに何十年だ!
おいおい、だが相変わらず朝には強烈すぎるが目覚ましの一発には最高かもね。
朝からMAGGOT BRAINだ!
ソウル | 08:31 | comments(0) | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.