梅雨空の中でブライト・サイズライフ パット・メセニー

  • 2018.06.15 Friday
  • 07:50


何気に朝の音楽といったところでCDを探す。
曇り空の梅雨の雰囲気の中での音楽・・・気分を晴れやかにできる音で目覚めの音。
そう、優しげに音が飛び込んでいくる作品は重要だ。
朝のパット・メセニーは休日の音でもあるのだが、なんとなくだめ丸出しの日には最高の音でもある。
明日にははたしての状況の時には本当にいい感じだ。
何気に背中から励ましの音のようにも聞こえてくる。
細かな音すべてに行き届いたアーティストの思いが伝わってくる本当に珍しい作品だ。
ジャコの細かなつややかなベースプレイがそれを一層素晴らしいものにしてくれている。
この二人の掛け合いだけでも本当に素晴らしいものだが
それを全体でバンドとしてまとめられているこの音は本当に気持ちのいい音だ。
大傑作を感じさせる雰囲気というよりも人の人の声、ささやき、優しさ、そういったものが一体になってやってきてくれているのだ。
最後のまとめの音のまとまるは本気ですごい。
めったに聞くことができないかたまりのプレイもすごいものだ。
一生の友の一人といった感じの音の素晴らしさは本当に不偏だろう。

今日もこの音に励まされて生きていく

ジャジューカ ブライアン・ジョーンズ 正確にはBRIAN JONES PRESENTSだな

  • 2018.05.20 Sunday
  • 11:50


いや、本気ですごい世界だ。
一斉の楽器音で一気にその世界に入り込まされてしまう。
まだまだ子供のころに発売され、気が付くと以前に存在をしるころは超貴重盤状態。
基本入手不可の作品であったことが懐かしい。
LPの時代、試聴なんて今みたいに気楽なことではなかった時代だ。
そう不思議な音楽を子どもが聞けば、そのままお叱りを受けていた次第だ。
宗教がかった音に聞こえた瞬間に毛嫌いの時代の子供。
そう、まだまだ日本には音楽が特定の人のための特定のものでしかなかったことの証明なのだろう。
だいたも1ドル360円の時代からまともに変化していく前の時代の発表かな?
なんであれ1960年代の音の中に入っていくのかもしれない。
このモロッコの不思議な音がなんだろう、いい感じで体を柔らかくしてくれる。
宗教音楽扱いにするのが楽ということでの取り扱いになってしまうのだろう。
確かにこの当時のブライアン・ジョーンズの状態を考えると、それもありかな???
と思いつつも一般にはもっと違う扱いの音楽にされていたのだろう。
彼の麻薬問題がそうさせていたのかもしれない。
その中でのこのパーカッシブな音に乗ってくる不思議な音・・そう
THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA
そしてこれに絡む女性の語りかけ的な歌。だがこの音だけで突き進む曲もある。

そう何気にとにかくはひたすらのパーカッシブな音だけであるような気分もあるのだが、
しかし曲によっては手拍子までもがパーカッションの世界で構成され、それがそう音が乗ってくるのだ。
そしてそれに絡んでくる人の声に歌。独特の世界だが、きっとこれってこの住民の普通の世界なのだろう。

あ、そう気が付く、祭りの世界がこれなのだ。祭りの中の歌と呪文がこの収録なのだ。

不思議な世界につながっていくが、これがこの地方の音なのだということのようだ。
民族音楽の一つでありながらも
何気に思わず聞いてしまうところに体をリラックスさせる効果がある世界なのだろう。

THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA

本当に不思議な世界だ。
これに対する理解が出てきている俺はそろそろ棺桶か?
まあだが葬式なしよが希望の人間はどうなるのだろう?

希望は勝手に海に投げ入れなのだが・・・・だめだったはずだな。
うーむ

ニール・ヤング ミラー・ボール そうあのニール・ヤングが変身した、いや本質を出した作品

  • 2018.05.20 Sunday
  • 10:36


ヘルプレスは一体全体どこにいったの?的作品。
そう楽器の音が変わり、歌い方を重くするだけで完全に変身状態。
人間の本質がまともに出ると、そこは別世界の変身の世界になる!
と、いう典型的なすさまじき世界がここにある。
おそらく弦ののはじき方は変わらないのであろう、だがエフェクトとカッティングが・・・
はじくからカットに変身したということなのかもしれない。
いやあ、この重いエフェクトが何かを訴えたいということに間違いなくつながっている。
歌は一瞬、演歌か?的部分もあるのだが、しかしやはりこれはニールの世界。
なんだろう、重く作ってみましたというものではなく、
ほんとにこれが好きなのだという流れが結構よかったりする。
ニール・ヤングの動く姿はラストワルツだけが俺なのだが、なんだろう想像はできる。
何故だろう?そのぐらいにやはり伝わってくるものがあるということなのだろう。
どこまでが彼の本質なのだろうか?
しかし訴えるものがある人の凄さが・・・・だが何をの問題が・・・・
言葉から音への変身の世界がここにあるのかもしれない。

軽く暴れるには最高の音なのかもしれない。
だがそれが軽く感じないのがニールの凄さなのだろう。

たまに聞くと本気でなんだろう、元気をありがとう!!
そう、半病人には最高の薬だな、これは!!

50年か・・・・ジョージ・ハリソン ワンダー・ウォール・ミュージック。 不思議の壁。

  • 2018.05.19 Saturday
  • 09:26


シタールの音に優しく包まれていく。
この音がなぜに大昔に世界で受けたのか?やっと理解ができてきた。
そう、ビートルズがらみの部分でがもとだったのかもしれない。
そしてその当時は私はまだこの音は知らない。。。なにもわからない幼稚園児。
その音が目の前にある。なんども聞いている音なのだが
本当に理解ができたきたのかもしれない。
そう、体がいい感じで酔っている。
このパーカッシヴな音に包まれながらも美しく奏でられていくシタールの音。
In the Parkの音のなかで一日を過ごしてみたい気持ちになっていく。
本当に不思議な世界がある。
だがその中にもやはり違う音も、ジャケの通りの表現なのだろう。
画像はまだまだなにもなくの時代でその画像を頭の中で再現、いや想像するための音がこれらなのだろう。
不思議な世界と現実の世界。その中にはパラダイスがきっとあるに違いない
そういうことななのだろう
結局は宗教音楽の中になるわけではないが宗教の音がここは軽くある、と、いうことなのだな。
何気に欠かせない音がここにあるということなのだろう。
Greasy Legsのなんとも言えない感覚が本当に不思議だ。

本当にWonderwall musicがここにあるといえるのだろう。
この時代が必要な世代何故に変なものにはまっていったのかが何気に想像できる
するというのはまだまだ理解が足りないのだろうな。

民族音楽と宗教音楽への旅を試みたい・・・・・・だが・・・そう・・・・
おれが宗教になってしまいそうだ・・・恐ろしい。
シタール音と手元で作りたくなっている自分が恐ろしい。。。pcでできるのだろうなあ、今は。

何気にヘヴィー・ウェザー ウェザー・リポート いやあジャコが凄すぎ

  • 2018.05.19 Saturday
  • 08:53


まあ現実ジャズであれフュージョンであれ、聞くきっかけは楽器の習得というか
単純にベースのお稽古がきっかけ。
そう、ジャコのコピーが目的が最初。
結構うまくコピーができるようになったかと思えば大病でそれどころではなくなり・・・・
だがなんとなく大病から復帰という状況が見えてきてやっぱりこうなるわけだ。
なんだかんだのジャズベのお稽古。
そこでやはりどうしてもやっぱりきっかけはこれに近くなってくる。
ソロもあるが何気にTeen Townはコピーしないとねとなるわけだ。
そうなって聞き始めてしてはまるという典型的なおバカさんパターンがいまだに続く。
はたしてどこまでコピーをするのか?
自分で弾いて満足するだけでいいのか????
うーむ。
いやあ、その前に完コピーが先だな。
しかしベースに話しかけられて会話を求める感覚・これがジャコの本質の凄さなんだろうね。
思わず聞きほれてしまう今の俺。
フェンダージャパン62年型コピーモデルは今も健在。、
ジャコの音も健在。
幸せなのだろうね。これって。

ジェリー・ハリソン カジュアル・ゴッド 何気に曇りの朝の土曜に合う不思議さ。

  • 2018.05.19 Saturday
  • 08:09

JUGEMテーマ:No Music, No Life





何気に掃除の流れでCDの整理。そうすると久しぶりにこいつが現れた。
神のささやきにも近い音のながれがあるような錯覚があるような気分がなぜか・・・
ゆるやかなな時間の流れとクールなギターの音が早朝の土曜になぜかぴったりしている。
たまたま自分の気分が違うところにあり、それがあっているのかもしれないのだが・・

緩やかな時間の流れは本当にどこかで必要になるわけだが、
なんだろう、この事細かな音の構成の中でのささやきにも近い。。いや語りかけかな
そのヴォーカルが案外しっくりときまくり状態で目覚めたばかりの頭を覚ましてくれる。
ジャングルのなかをさまようかのような時間の流れを感じさせてくれるこの音がなんともいい感じだ。

いや、真剣に自分が疲れ切っているから余計にそう聞こえてくるのかもしれない。
この時代の音のわりに変な音はさほど入っていないところもいいのかもしれない。

音の流れに身を任せ何気に次の行動に移っていく。
そう、何か麻酔のような恐ろしき音楽なのかもしれない。

しかし音のこまかな組み合わせの技は本気ですごいものがある。

そう、後半から終盤にかけての音は明らかにこの時代が作った音。
民族音楽系の音がふんだんに応用されている部分が本気でミステリアス的世界を聞かせてくれる。
その中での本当に細かな当時のスクラッチ音に絡めた木琴系の音の応用部分がその流れを加速させている。
ガムランの影響が軽く世間に出始めた時代だからの音なのかもしれない。

いや、なんだろう、この音が体にうまくあって何気に頭が目覚めるのは、そういう年代だからか?
画面がなぜか不思議な感じを与えてくれる。
不思議な世界が軽く・・・・・・・あまり感じてはいけないのかな?





ミュート・ビート タクティクス 値段が3,200円時代のCD・・・・30年たったのね。

  • 2018.04.26 Thursday
  • 20:21


JUGEMテーマ:No Music, No Life



何回ライブをみただろうか?
本当に30年前の渋谷もそうだが、来日レゲェアーティストの前座は必ずミュート・ビートだった。
レゲェ自体がまだまだ日本ではの時代。
大物が来ても客は会場の1/3から1/2だったかな。
シュガー・マイノットは本当に楽しかった。
ブラック・ユフルは凄すぎだった。

そういった状況の中での日本人のダブ。
そう、本気で好きなやつしか聞きに来ないどころか、CDを出すのも勇気が必要だったはずだ。
その中で必死に日本に読んでくれていたプロモーターさん。
なにしを会場でそういうスタッフと話もできていた時代だったな。
私が20台前半からそういう感じで日本でもレゲェがやってきたの時代
なつかしの音ではなくいまだに生きているところが本当にすごい。
何しろ生のコダマさんとういうラッキーな時代でもあったのかもしれない。
現在の取り扱いがどうなっているのかはCDショップが・・・・の時代さすがに周りに聞くしかないわけだが
私は基本は病人の取り扱いがようやく10年ぶりになくなってきそうに過ぎない状態。
うーむ、どうしているのだろう?
ライブを真剣に見たいというのが本音。
あの絶対重くはならない音の中での楽器での語りが凄かった。
私はべース弾き。そういう面でも本当に素晴らしさがいまだに体に染みついている状況だ。
またライブを見たいな!!
いやあ、久しぶりに聞いて感動で体が震えている。
素晴らしい作品だ!!

久しぶりのデビッド・ボウイのジギースターダスト

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 08:09


いやあ久しぶり。
物語が語られていくわけだが、その物語はすでに老朽化だね。
この物語が新しく感じる=大戦争の後になるのだろうね。

そのぐらいなんだろう、昔の物語になったということなのだろう。
火星ではもうね。。。。。。M78星雲ぐらいではないと。

だが逆に今のコンピュータでの音に結構あっているところが面白い。
スピーカーも外部アンプ付になってきていたりもするが、結構息遣いレベルなのね。
びっくりでしたって、今頃の世界かな?

気分よくスーサイドをと、いうながれではないわけだが
なんだろう聞こえ方がいいと古さは感じないのはこっちが新しくなっていないからだな。

まあなんであれ朝にはちょうどいいね、っておいおい、それが年とうことだな。

参りました。

クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン、オリジナル・ピーコック・レコーディングス

  • 2018.04.21 Saturday
  • 09:08


いやあ、懐かしの音という流れにあるような感じになるよね、どーしても。
この作品の頭のギターがとにかくは流れるように空気を切り裂くように出てくるのはすさまじい。
そう、ギターだけを聞いていくとすごいものが目の前にあるという雰囲気になっていくのは確かだ。
そして当時のブルースソングが始まっていく。
このあたりを楽しめるかどうかでこの作品に対する評価や気分は変わるだろう。
ギター好きでブルースをというケースは非常に有効。
本気でやっぱりさすが!ということになっていく。
だがあくまでも当時のブルース。
そこになじめるかどうかで変わっていくのだろう。
ギターだけを聞くという流れであれば結構いまだに有効。
だけどバックのホーンが・・・・そう、時代がでてきてしまうのだ。
ベース音もやはりそんな感じ。
バックは50年代。。。だがギターは60〜70年代中盤といったところ。
この差をどう感じるかがゲイトマウス・ブラウンに対する評価が割れるだろう。

落ち着いて50年代を楽しむのであれば結構いい感じ。
ギターを学ぶのもいい感じ。

それ以外だと・・・・うーむ難しいのかもしれない。

時代・・・・それを感じる作品なのかもしれない。

ただし、それが全体であったも7曲目のOkie Dokie Stamp のギターの流れ方は本当にいいね。
これはいまだに有効なのかもしれない。

ライブ・クリームvol2懐かしすぎの状態で久々に

  • 2018.04.19 Thursday
  • 20:47


その昔の若かりし頃の高校時代に結構聞きまくったような記憶が・・・・・・
そう、楽器を自分で覚えその先にあったのがジャック・ブルース。
最初はクラプトンコピーがベックコピーに移り気が付くと弦が太くそして引きまくる世界に。。。。
その後はジャコパスに行くのだがその前にはこれがあったわけだ。
いやあ、気持ちよく引きまくりの歌いまくりの世界だ。
本気であこがれたな、間違いなく。
クラプトンが薬物中毒になっていく直前の世界だけに、本気ですさまじくの世界だった。
いまだにそれは有効。
確かに音の作りや楽器の音は変わってしまったのかもしれない。
だが、いまだにその本質は何も変わったりはしない。
前向きに前に突進していくそのパワーや歌詞の魅力はいまだに劣れていない。
しかしジャック・ブルースのベースの音の割れ方と音の作りは本気で高校の頃に衝撃を受けた。
何をやっているのだ?的な状況に思わず入ってしまった時代が懐かしい。
それにクラプトンが色を付け、ジンジャー・ベイカーがひたすら支えまくる。
あまりにも凄すぎの世界がここにある。
大傑作ライブだ・・・・・まあ人によって感じ方はきっとちがうだろうが、私は永遠に大傑作だ
楽器の掛け合いと人間の熱さとすさまじい表現力。
いまだにその力は有効だ!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM