クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン、オリジナル・ピーコック・レコーディングス

  • 2018.04.21 Saturday
  • 09:08


いやあ、懐かしの音という流れにあるような感じになるよね、どーしても。
この作品の頭のギターがとにかくは流れるように空気を切り裂くように出てくるのはすさまじい。
そう、ギターだけを聞いていくとすごいものが目の前にあるという雰囲気になっていくのは確かだ。
そして当時のブルースソングが始まっていく。
このあたりを楽しめるかどうかでこの作品に対する評価や気分は変わるだろう。
ギター好きでブルースをというケースは非常に有効。
本気でやっぱりさすが!ということになっていく。
だがあくまでも当時のブルース。
そこになじめるかどうかで変わっていくのだろう。
ギターだけを聞くという流れであれば結構いまだに有効。
だけどバックのホーンが・・・・そう、時代がでてきてしまうのだ。
ベース音もやはりそんな感じ。
バックは50年代。。。だがギターは60〜70年代中盤といったところ。
この差をどう感じるかがゲイトマウス・ブラウンに対する評価が割れるだろう。

落ち着いて50年代を楽しむのであれば結構いい感じ。
ギターを学ぶのもいい感じ。

それ以外だと・・・・うーむ難しいのかもしれない。

時代・・・・それを感じる作品なのかもしれない。

ただし、それが全体であったも7曲目のOkie Dokie Stamp のギターの流れ方は本当にいいね。
これはいまだに有効なのかもしれない。

ジェームズ・コットン 3ハープ・ブギー  謎のベスト盤

  • 2018.02.25 Sunday
  • 08:57


細かな情報はないレーベルのものを廉価で買ったのだろう。
音は丁寧なものではない。
そう、マスターから工夫なしの制作的な音だ。
だがジェームズ・コットンの音を知りたいというには結構悪くない感じだ。
そう、おとがキッチリと迫ってきてくれるのだ。
これってやっぱりだいじだよね。
なんだろう、今は朝。だがなんだろう、気分が乗ってきた。
根本が彼が好きであるという部分もあるのだろうね。
シカゴ・ブルース系はやっぱり大学時代にその手のバンドを思わずの人間だから余計にそんな感じだ。
いやあこのブルースハープの迫り方が本当に凄い。
ヴォーカルで迫る、ギターソロで迫るの類以上のど迫力のハープだ。
しかし音がね・・・・・無念の部分がこれだkだろう。
1993年にニューヨークのトマトレーベルからでたものだが・・・・・
うーむ。9曲入り。
英文ライナ付。
音質が・・・・・・

朝っぱらからサニーボーイ・ウィリアムソン。チャーリーからのナイン・ビロウ・ゼロ

  • 2018.02.24 Saturday
  • 09:13


強烈なパワーが押し寄せ来る
そういった感じの世界がここにある。
本気でこの人のブルースハープはパワフルだ。
何かを常に訴えかけたい感じで、目の前にでもいるかのような音になっている。
歌も軽くいなすような感じで迫ってくるのだが
とにかくは彼のハープのパワフルさ加減ですべてが伝わってくる。
その昔のまだ聞き手の自分が理解ができなかったときは
うーむ、いったいの状況でもあったのだが・・・・・・・

ブルースがわかってきて、そしてブルースハープの意味が解ってくると。。。

こんなにもパワーのある音楽はほかにはないという感じに聞こえてきている。
そう、本気の訴えをハープを使い、さりげなくということなのだろう。
きっと、これがいわゆる大人ということなのだろう。

いやあ、こちらもようやく結構いい歳になって理解しました。
本気でいいね、これ。

ブルース好きには最高におすすめの中にはいるが。。。もう知っているよ!という声が。。。

お悩みの方はそう、おっさんになってから聞くと一発でそのよさがわかる。

しかし本当にパワフルな音だな。

何気にジョン・リー・フッカーのその昔のチャーリーからの編集盤 THIS IS HIP

  • 2018.01.08 Monday
  • 12:26


実際にこの音っていいね。
音質もそうだけど、ジョン・リーの音楽そのものがね。
なんていっていいのだろう、本当に聞きやすい編集をしていることがよーくわかる1枚だな。
いきなりのディンプルスでか体に火が点きとういう感じって、おいおいまあだけどいきなり体が燃えるね。
自分が年を取ったせいもあるのだろう、本当に音が持つ意味がわかってきた感じがする。
そう、歌っている人との年齢や人生経験(おいおい、大げさな!!)が近くなってわかったことがね。
おかげで本当になぜに聞きやすいかもなんとなしにわかってきている。
わかりやすい曲が中心になっていること、そしてチェス時代の音が一番わかりやすいということもあるのだろう。
何しろ曲の構成自体がよくある流れを持っているということが大きいということなのだろう。
いやあ、朝からでも、昼間でも、そして本気の夜でもぴったりくる感じが強い。
聞きやすい音がそれを一層感じさせてくれる。
その昔、何気に超安値で買ったような。逆に意外に高かったのか・・・・うーむ。
買ったころのことは忘れたが、まあとにかくいい感じでわかりやすくきくことができる作品だ。
初めてジョン・リーを聞きたいと思った時はこれが一番わかりやすいかもね。
ブルースの基本もしっかり流れていくところもそれを一層という感じかな。

しかし、まあのんきなお休みだ。

リトル・サニー ブラック&ブルー

  • 2017.12.28 Thursday
  • 09:07


ブルースの分類をされているのだが・・・・
一曲目はおいおい、結構いい感じのメンフィスソウルだな。
勢いが本気でいい感じ。
そしてリトル・サニーのハープが本気でいい感じで乗ってくる。
まさしく早朝の勢い漬けにはぴったりだ。
しかし、まあバックの演奏が本気で凄すぎ!!
いやあ最高のものを最高のハープがのって目の前にやってくる感覚が本気でいいいね。
朝であれば一日が最高になりそうな音が目の前にある。
夜であればお疲れの音が体を癒してくれる。
本当にここまで人間の凄さで様々なものを解消してくれる音もめったにないだろう。
いやあ、まあギターのカッティングでなんであれ、ハープに完全に絡み
その音を最高のものにしてくれている。

真夏にぴったりなのかもしれないね。
野外の大会場で聞きたくなってくる音がここにある。

本当に、気分は最高!!

久しぶりのエディ・テイラー バッド・ボーイ

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 08:27


基本だなやっぱり。
このおっさんに関してはブルースバンドを大学のころにやっていたころに
必死にLPを買い集めていたときに日本盤が出て、その聞きやすさで気に入ったという流れがある。
そう、本気で様々なことをなんだろう、日本のその手のバンド好きがやるブルースをやってくれていたという印象が本気であるわけなのだ。。。あれれれ日本語がどんどん。。。。

そう、言葉なんて気にしない状態で思わず聞いてしまった思い出がある。
そのぐらい軽快で気さくな、「近所のおっさん」そう、本気でそんな感じで聞いてしまった。

ギターがわかりやすいということが本当に一番だったな。
そして他の楽器との絡みも本当にわかりやすい。
と、いうよりも一緒にやってみたいという雰囲気があるわけだ。
これはその昔の日本盤の1500円盤の内容とは違うチャーリーのブルースマスターズシリーズの中の一枚。
だがチャーリーは昔から結構気が利くね。
おかげでなんだかんだでいまだに入手ができていたということは彼らのおかげ。

いやあ、だけどここでのブルースハープもいいね。
朝からでもわかりやすく気楽に聞けるブルース!

グッドモーニング!!

おいおい、だけどそんな感じ。
生は見ているわけがないはずだが・・・・・・・

朝の景気付にエディ・テイラー バッドボーイ

  • 2017.10.28 Saturday
  • 08:54

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いやあ、定型の進行でもそのパワーで圧倒してくるのだ!
参りますねこの力。一発で目が覚める。
しかし当たり前のパターンの進行でも人間のパワーで!いいね。
しかしカッティングの強さが素晴らしいね。
それに絡む他のメンツの音の強さが生半可なものではない!
参ります、このパワー!
音の生命感がすべてを支えてくれている。
この力強さが最高だ!
いやあこのパワーが延々と続くのがエディ・テイラーの良さだよね。
いやあ、パワーに圧倒される音っていいね。
いやあ気分は最高、目が覚めた!!

ロバート・クレイ トゥー・マッチ・クックス

  • 2017.10.19 Thursday
  • 08:49




なんだろう、久しぶりに聞くと悪くないね。
その昔の日本でなぜかの時にライブを見ているのだが、結構不思議な人であった。
そう、その昔のブルースの人たちとはあからさまに違う雰囲気がブルースの立ち位置の違いになっていたのだろう。
で、この作品、極端にいいものではないが悪くはない。
要するに普通の作品。
ブルースを何気に新し目で、と、いったときの一枚だな。
印象になにか強く残るものは特にはない。
ギターはさすがだけど、だからといって他の作品と比較してもまあ普通に無難にといった感じに聞こえてくる。
このあたりがブルースの立ち位置の変化ということなのだろう。
悪くはないがそれ以上ではない。
流していく分にはブルースを軽く、ソロ含みながらを聞きたいというときにはあっても文句はない。
そういう感じだな。

他の彼の作品の方がはるかに強力だったような、ライブのはつらつとした感じがここには無念ということだな。

朝からハウリン・ウルフ 

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 08:33


そう、朝からということは気にしないのだ。
まあ、その方がお気楽。
なぜかウルフがお気楽な俺。これがまあ昔から回りの人からも「おいおい」状態の部分。
声の割れ方の意味不明さ加減と、ほとんどうねっているのか脅しているのかの部分。
曲にはまると結構気分がいいのがこの人の不思議さ加減
レッドルースターとスプーンフル付のタイトルもそのままハウリン・ウルフ
スライドの音が結構、相変わらずいい感じというのが不思議だが
肌触りがなぜかダブ的なのがまあ不思議。
同じ考えがきっとどこかにあるのだろう。
音の伝え方と音に対する感性が。
レッドルースターはいろいろな人がやっているがウルフが最高に思える。
そう、一番真剣に歌に向き合っているのがこの人だからなのだろう。
しかしブルースのカテゴリーに堂々と五つも何気に出てきている音がダブっぽいのが不思議だ。
なにか共通するものがあるのだろう。
いやあ、だがなんだろう、不思議な世界だ。

朝からライトニン・スリム聞きながらお仕事 ルースター・ブルース!!

  • 2017.10.09 Monday
  • 08:52


ドーンと怒鳴られるのか?的な声が飛び出してくる。
いやあ、ボーカル迫力凄し!
このおっさんのよさだな。真剣に常に全力のおっさんだ。
たまにしたに割れる声は。。。ウルフ?・・・いやいややっぱり違うのだ。
このあたりとこのノリのいい音!
そして天下最高のブルースハープで一気に体が燃えてくる感じだいいね。
朝からのブルースはこうでなくては!!
おいおい、朝っぱらからおいおいだが・・・だがこの迫力と牽引力はいいね。
目覚めの割る頭を一気に覚ませてくれる。
このパワーはいったどこからくるのだろうか?
そのあたりの方がはるかに興味があるのだが・・・・
まあ、とにかく、ブルースハープとど迫力ヴォーカルで目覚め最高!

なんだろう、いいね!それだけだな!!

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM