アンクルマツのCDガイドのブログ

3回目のスタートになったのだ。
というわけでもないのだが再びスタート
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オーガスタス・パブロ キング・タビー・ミーツ・ロッカーズ・アップタウン


ベースはロビー・シェイクスピア。
スライ&ロビー誕生前という状態なのだな。
しかし強烈なベースが全体を支配する。
見事なダブだ。そう、言葉はなくとも何かが迫ってきて、訴えかけてくる。
そのなんとも言えない語りがダブの凄さだろう。
パブロの音よりもなによりも音全体で迫ってくる。
キング・タビーの凄さが先に出ているということなのだろう。
いやあ、なんだろうこの音の塊の内部の出来のよさ。
ほんきでロビーのベースがすさまじい。
うまいとか速いとかではなく、説得力と存在感と働きかけ。
そう、ベースが語っているのだ。
それにパブロが時々かぶせてきている感じに思える。
いやあ、聞けば聞くほど不思議な作品だ。

いいよ、これ!
案外安いときがあるから興味本位の人はそういうときに買ってくださいね。
そのぐらいダブは理解してからでなければ難しい部分がある。
だが理解完了後は離れられなくなる!
レゲエ | 07:35 | comments(0) | - | - | - |
アフリカン・ヘッド・チャージ GREAT VINTAGER VOL.1


いやあ、音だけの世界だな。
しかしこの音の流れのだるさやゆるさやビートとの絡みが彼らなのだよね。
静かな雰囲気の中でいったい何を真剣に見つめながらこの音を作っているだろう。
独特のビート感あふれるこの音の流れの作り方がいいね。
いやあ、様々な祭りのビートが複雑に絡んでいるかのような音の流れが最高だ。
そこに絡むほかの音!
この静寂の中で時が進む
ベースも歌っているような錯覚があり、作られた音が語りかけてくるような雰囲気が最高かもね。
いやあ音との会話がこのアフリカン・ヘッド・チャージの凄さだよね。

いやあ、だが新たに探すとなるといったいいくらかかるのだ?
さすがに。。。。。うーむ。一発7でいただいて買占めだな・・・・夢の見すぎか・。。。

だが一瞬宗教に聞こえる勘違いをされる人が出るかもしれないが、ここに宗教は存在しない。
彼らの音世界があるだけだ。
レゲエ | 08:23 | comments(0) | - | - | - |
ダブ・シンジケート CLASSIC SELECTION VOL1


いやあ、天気も悪いし、必殺閉じこもり
閉じこもりにダブ。必殺のダブシンジケートさ。
いやあ、人間と音が本当にうまく絡んでいる。
語りなのか、トースティングなのか、まあ微妙だがそれがまあ、結構ね
うんこれがいいわけだ!
目の前で語りが進んでいく感覚が結構いいね。
しかしかなり時代はもう古くなっているけれど、なんだろういい感じだね。
そう、本当に細かな音に対する気配りがなかなか細かく、ゆるゆると・・・
うーむ、ダブだね
この緩やかな音の流れのなかのこのビートがもう最高!

いやあストレス解消だ!
レゲエ | 17:49 | comments(0) | - | - | - |
リー・ペリー懐かしのプレッシャーサウンズからのPRODEUCED AND DIRECTED BY THE UPSETTAER


いやあ、いい感じ。緩やかに音がすすむにつれて本当に脳みそがリラックスしていく
気楽なつくりのプレッシャーサウンズからの編集版。
基本的にアプセッターズ名義のスカ系のダブっておいおいそんなものあるのか?
まあいいや、とにかく音は当然のごとく重くなく、本当に音を流しっぱなしにして
呑気に空を眺めているぜ!的雰囲気で時間が過ぎていく。
本気にいい感じのダブだ。
結局もとがどうなのかの問題がやはり大きいわけだ。
音に極端にこだわったということよりも元の作品を作っているときの
トラックをうまく使いの世界がここにあるのかもしれない。
非常に聞きやすい大昔のアプセッターズの音からできたダブ。
いやあ、なんだろう朝でも大丈夫だね。
本当に聞きやすダブだ。
元の明るさや気楽さが大きく反映された結構朝の目覚めにぴったりのダブかもしれない。
参りました!!
レゲエ | 08:22 | comments(0) | - | - | - |
リーペリー×ダブ・シンジケート TIME BOMB×DE DEVIL DREAD


いやあ、あさから思い切りのダブ。
ダブ両巨頭・・・・大げさだな
だがそのぐらいのインパクトあるジャケとともに音が飛び出してくる。
いやあ、音が厚いね。どれだけのトラックを使っているの?的な部分が結構いいね。
しかしジャケとは違い人間の声が聞こえてくるところが結構いいわけだ。
本気でクールという言葉が似あう音の中で時間が進んでいく。
しかしまあ、ジャケやアーティスト的な雰囲気よりもはるかに人間の声が聞こえてくる。
これって案外朝に最高なのかもね。
だが夜を独りで過ごすときには・・・・これもまたいいかな。
そう、そのぐらいのアイディア的部分音が超満載で人間の声が聞こえてくる。

いやあダブのすごさがよく伝わってくる作品だ。
最高の一枚だね。

とにかくはホーンの音と人間に声とながらをしっかり作るベース音。
その後ろの様々な本当にいろいろな音。
本気で楽しすぎ!
ただしダブ好きの方限定かもしれないかもね。
レゲエ | 08:49 | comments(0) | - | - | - |
何気にトゥーツ&ザ・メイタルズ


そう、音を作る側ではなく歌い手の音。
だから面白みは残念ながらないのだが・・・・・
しかしこの熱唱は本当に熱い!

聞くだけで余計なことはなくていいよ状態の時に聞くと結構元気がの世界だな。
実際にいい感じで様々な名曲をうたっていることは事実だ。
この曲は・・・・でどうも音が入手できないというときにまとめて、そういった曲を聴きたい時には案外いいかも
そうベスト盤になっていくるとその傾向が余計大きくなっていくわけだ。

本気で歌はいいよ、ただし、この手の歌い方って、そのようなジャンルにもよくある必殺の歌い手の歌い方だな
熱唱で汗をかきこぶしを握って腕を大きく上に!!・・・・・まあそういうことだ。

曲に対する期待ではなくレゲェをのんきに熱い歌で聞きたいときにはぴったりかもしれないが・・・
要するにその先にあるものは基本ないわけだ。

音を作っているわけではない歌い手の作品の限界がそこだな。

しかしにんきに昼下がりにリラックスして何も考えずの空みての時には最高かもしれない。悪くはないよ!
レゲエ | 07:56 | comments(0) | - | - | - |
リントン・クウェシとともに・・・・

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何気にぐいぐい攻めてくるリントン。
ダブポエットといいつつもその攻めはすさまじいパワーだ。
本気で攻めを見せてくれてありがとう。
詩人が本気で語りとともに攻めてくるすごさは本当にすごい。
あっという間に説得されその中に吸い込まれる感じだ。
大昔で見た生もそうだった。
気が付くとその内容が言葉を超えて伝わってくる。
真剣なその気持ちが常に言葉を軽く超えて飛んでくるのだ。
本当にすごいリントン。
そしてBASS CUTUREを今から聞くのだ。
気持ちが闘いに一気に傾いてしまうそのすごさをいただき脳みそを全開にするのだ!

レゲエ | 20:03 | comments(0) | - | - | - |
朝のお目覚めにリー・ペリー チキン・フクラッチ


リー・スクラッチ・ペリー 
いやあ偉大なる人扱いだな、確か。
うん、いきなり音の流がたのしい!時間がいきなり大きく大昔に戻っていく。
そして音が・・・・いやあ、これって必殺のモノラルテープがもとかい?
確かにジャメイカからの輸入カセットというのがその昔結構入手ができた時代があった。
現実にジャメイカはアナログディスクではなくカセット主流とは聞いたいた時代に渋谷あたりで簡単に入手できたはず。現実にバニー・ウェラーのカセットとかが家にあったりもする。
しかしカセットをどのようにして今の時代って。。。まあ確かにデッキはあるが・・・動くのか?
これは放置だな。

ゆったりとしたスカビートが音の塊ではなく、ゆったりとギターのカッティングで流れていく。
やわらかめの音にしないと結構厳しいな。
そう音質が・・・・今の世界があまりにも音質が良くなっているからこの固めの音が結構厳しい。
適当に音質調整しながらになるのかもしれないが、まあスクラッチペリーだ。

さあて呑気に一緒にスカビートで体を動かすって、おいおい。
とにかくはのどかだね。
サウンドがとかビートがとか以前の楽しく音楽を作ろうぜ!踊ろうぜ!
そういった感じでさあて朝ぶろ・・・・おいおい
レゲエ | 08:08 | comments(0) | - | - | - |
疲れてSUPER APE THE ! UPSETTERSは年々たってもいいね。

帰宅後のこの時間、さすがに疲れて音を求める。
癒しが必要だ!で、UPSETTERS
必殺のLEE PERRYプロデュース!

一気に癒されていく!ツルププ、ププルプププ・・・・
じっくりと歌い上げつつも何気に様々なパーカッシブな音に囲まれつつもリーペリーの音が・・・
うーむ、軽くダブりながらもじっくりと音が進んいく。
このなんとも言えない歌いこみに近いリズムの様々な重なりと
それを支えるベーシックな様々な音とヴォーカルが、なかなか現れない世界を緻密に描いていく

いやあ、このなんとも言えない音と世界観を勝手に感じさせる音が本当にこのじわじわと・・・
うーむ、ダブだぜ、だがレゲェの音が世界に浸透していく。

大傑作だね、何年たっても
リーペリー凄し!

レゲエ | 19:33 | comments(0) | - | - | - |
早朝から バーニング・スピア!!!!JAH KINGDOM


いやあ、目覚めにちょうどいいな ジャー・キングダム
そう結構ポップに作ってあって、ビート軽快で明るい。
言葉を無視すればこんなに朝に向いている音楽も珍しい。

いい感じのさわやかな朝に SO JAH SAYの連呼

うーむ、まあいいのだ俺は宗教まるで関係なしの超能天気おっさん

さわやかな朝をありがとうバーニング・スピア様

いやあ本来は相当に戦闘が・・・・・・・

まあいいよね、気にしいなくて・・・あれれれ¥¥¥
レゲエ | 07:03 | comments(0) | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.