インナーサークルのその昔出ていたダブもの3連発。いいね。これって。

  • 2017.12.17 Sunday
  • 09:21


何気にその昔、どこかのバーゲンかなにかで買ったような・・・・・
そうTDKが何を間違えたか出してしまったシリーズものの2枚と
もう一枚は必殺のブラッド&ファイアもの。
でTDKもの・・・・あ、これっていいのね、結構楽しめる以上の内容だ。
ただしこれもしかすると軽くあまりよろしくないオーディオで聞くのがいいのかもしれない
今、私は必殺1500円のスピーカーでPCから音を出して聞いている。
音とこの廉価なオーディオがいい感じのコンビになっているのだ。
逆に本気でリズムがうまく切れ、そしてその雰囲気がきっとりと伝わってくる。
正直ここまでいい気分できくことができるとは!!!超びっくり。
タイトルも笑えるしね。
Killer Again に Wanted Dub Emperor lord・・・・うーむ。
だがこの安っぽさがオーディオに奇跡のマッチ!!
なんだか気分がいいね、これ。。。。
で必殺のブラッド&ファイアもの
Heavyweight Dub Kikker DUBこちらは何も問題なしの最高級のものであることが確か状態でその確認であったのだ。
いやあしかしダブ3連発を日曜の朝から・・・・

家族のあ、、、、、殴るな!
うーむ、やっぱり時間は大事なのかもね。日曜の早朝ダブは普通はダメよ、と、いうことね。
だけど本気でいい感じだね。
インナー・サークルに悲劇がなければ・・・・

合掌

リコ ルーツ・トゥ・ザ・ボーン

  • 2017.12.07 Thursday
  • 08:42


あさからさわやかな音楽だ。
ジャケは今、目の前で何かがおきそうな感じだが、内容は本当に落ち着いた音楽だ。
いやあ、時間帯によって聞こえ方が変わってくるというのもなかなかね。
今は朝。そう、朝のさあてさわやかな雰囲気にまでぴったりと来ている。
サックスのしらべが本気でいいのだ。
その中でもスカビートと全体を〆るベースのながれが本当に安定している。
革新とかそういう場面ではまったくなく、本当にスカビートで全体を締めながら前に進んでいく感じがいいね。
そう、楽器がみんな歌っているのだ。
そのしらべが人間の語りに聞こえてくる瞬間がこの作品のよさなのだろう。
いやあ、今は朝、帰宅後、そして寝る前、様々な時間帯で今日は聞くのだ。
その時間でもその時間を支え盛り上げてくれそうだ!

うーん、いいね。おやじくさいな。

呑気にメロディアンズ 

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 08:34


何気に聞こえてくる音楽
そういう趣だな、これって。しかし本当にいい感じで聞こえてくる。
朝の眠い時間の目覚ましの音楽には最適だな。
本気で気持ちよくあさを迎えることができる。

最高の音がここにあるという状況なのだろう。
スィートセンセーションがここまでいい感じで聞くことができる年齢になったということなのかもね。
しかし気持ちのいい朝にしてくれた!
サンキュー!メロディアンズ!

そういう気分の朝のレゲェ・・・いやこれは・・・・

リントン・クゥエシ・ジョンソン ポエット&ルーツ

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 08:46


その昔ヴァージンからいきなり発売され、一部で話題になってあっという間に売り切れた作品。
その後の売れ方などはまったく知らないうえに興味もないが
とにかくはリントンの原点ということがあり、すきものは全員走ったの巻だった。
そう、やはり何気にパーカッシブな面から始まり
リントンの語りが始まる。そうラップやヒップホップなどに侵される前の純粋な語りがここにある。
何かに取りつかれたようなこの語りの流れは本当になにか聞いていたくなる気分に襲われる。
そう、歌ではなく語りということのはずなのだが
この音の前からは離れられない。
なんとも言えないこの音には錯覚のような縛りを感じさせられるのだ。
いやあ、なんだろう目の前でまた見てみたい気持ちにさせられるこの作品は本気ですさまじい。

このまま一日を・・・・・それは無理だな。
だがそういう気持ちにさせられる音がここにある。

オーガスタス・パブロ キング・タビー・ミーツ・ロッカーズ・アップタウン

  • 2017.10.21 Saturday
  • 07:35


ベースはロビー・シェイクスピア。
スライ&ロビー誕生前という状態なのだな。
しかし強烈なベースが全体を支配する。
見事なダブだ。そう、言葉はなくとも何かが迫ってきて、訴えかけてくる。
そのなんとも言えない語りがダブの凄さだろう。
パブロの音よりもなによりも音全体で迫ってくる。
キング・タビーの凄さが先に出ているということなのだろう。
いやあ、なんだろうこの音の塊の内部の出来のよさ。
ほんきでロビーのベースがすさまじい。
うまいとか速いとかではなく、説得力と存在感と働きかけ。
そう、ベースが語っているのだ。
それにパブロが時々かぶせてきている感じに思える。
いやあ、聞けば聞くほど不思議な作品だ。

いいよ、これ!
案外安いときがあるから興味本位の人はそういうときに買ってくださいね。
そのぐらいダブは理解してからでなければ難しい部分がある。
だが理解完了後は離れられなくなる!

アフリカン・ヘッド・チャージ GREAT VINTAGER VOL.1

  • 2017.10.15 Sunday
  • 08:23


いやあ、音だけの世界だな。
しかしこの音の流れのだるさやゆるさやビートとの絡みが彼らなのだよね。
静かな雰囲気の中でいったい何を真剣に見つめながらこの音を作っているだろう。
独特のビート感あふれるこの音の流れの作り方がいいね。
いやあ、様々な祭りのビートが複雑に絡んでいるかのような音の流れが最高だ。
そこに絡むほかの音!
この静寂の中で時が進む
ベースも歌っているような錯覚があり、作られた音が語りかけてくるような雰囲気が最高かもね。
いやあ音との会話がこのアフリカン・ヘッド・チャージの凄さだよね。

いやあ、だが新たに探すとなるといったいいくらかかるのだ?
さすがに。。。。。うーむ。一発7でいただいて買占めだな・・・・夢の見すぎか・。。。

だが一瞬宗教に聞こえる勘違いをされる人が出るかもしれないが、ここに宗教は存在しない。
彼らの音世界があるだけだ。

ダブ・シンジケート CLASSIC SELECTION VOL1

  • 2017.10.14 Saturday
  • 17:49


いやあ、天気も悪いし、必殺閉じこもり
閉じこもりにダブ。必殺のダブシンジケートさ。
いやあ、人間と音が本当にうまく絡んでいる。
語りなのか、トースティングなのか、まあ微妙だがそれがまあ、結構ね
うんこれがいいわけだ!
目の前で語りが進んでいく感覚が結構いいね。
しかしかなり時代はもう古くなっているけれど、なんだろういい感じだね。
そう、本当に細かな音に対する気配りがなかなか細かく、ゆるゆると・・・
うーむ、ダブだね
この緩やかな音の流れのなかのこのビートがもう最高!

いやあストレス解消だ!

リー・ペリー懐かしのプレッシャーサウンズからのPRODEUCED AND DIRECTED BY THE UPSETTAER

  • 2017.10.08 Sunday
  • 08:22


いやあ、いい感じ。緩やかに音がすすむにつれて本当に脳みそがリラックスしていく
気楽なつくりのプレッシャーサウンズからの編集版。
基本的にアプセッターズ名義のスカ系のダブっておいおいそんなものあるのか?
まあいいや、とにかく音は当然のごとく重くなく、本当に音を流しっぱなしにして
呑気に空を眺めているぜ!的雰囲気で時間が過ぎていく。
本気にいい感じのダブだ。
結局もとがどうなのかの問題がやはり大きいわけだ。
音に極端にこだわったということよりも元の作品を作っているときの
トラックをうまく使いの世界がここにあるのかもしれない。
非常に聞きやすい大昔のアプセッターズの音からできたダブ。
いやあ、なんだろう朝でも大丈夫だね。
本当に聞きやすダブだ。
元の明るさや気楽さが大きく反映された結構朝の目覚めにぴったりのダブかもしれない。
参りました!!

リーペリー×ダブ・シンジケート TIME BOMB×DE DEVIL DREAD

  • 2017.10.07 Saturday
  • 08:49


いやあ、あさから思い切りのダブ。
ダブ両巨頭・・・・大げさだな
だがそのぐらいのインパクトあるジャケとともに音が飛び出してくる。
いやあ、音が厚いね。どれだけのトラックを使っているの?的な部分が結構いいね。
しかしジャケとは違い人間の声が聞こえてくるところが結構いいわけだ。
本気でクールという言葉が似あう音の中で時間が進んでいく。
しかしまあ、ジャケやアーティスト的な雰囲気よりもはるかに人間の声が聞こえてくる。
これって案外朝に最高なのかもね。
だが夜を独りで過ごすときには・・・・これもまたいいかな。
そう、そのぐらいのアイディア的部分音が超満載で人間の声が聞こえてくる。

いやあダブのすごさがよく伝わってくる作品だ。
最高の一枚だね。

とにかくはホーンの音と人間に声とながらをしっかり作るベース音。
その後ろの様々な本当にいろいろな音。
本気で楽しすぎ!
ただしダブ好きの方限定かもしれないかもね。

何気にトゥーツ&ザ・メイタルズ

  • 2017.09.22 Friday
  • 07:56


そう、音を作る側ではなく歌い手の音。
だから面白みは残念ながらないのだが・・・・・
しかしこの熱唱は本当に熱い!

聞くだけで余計なことはなくていいよ状態の時に聞くと結構元気がの世界だな。
実際にいい感じで様々な名曲をうたっていることは事実だ。
この曲は・・・・でどうも音が入手できないというときにまとめて、そういった曲を聴きたい時には案外いいかも
そうベスト盤になっていくるとその傾向が余計大きくなっていくわけだ。

本気で歌はいいよ、ただし、この手の歌い方って、そのようなジャンルにもよくある必殺の歌い手の歌い方だな
熱唱で汗をかきこぶしを握って腕を大きく上に!!・・・・・まあそういうことだ。

曲に対する期待ではなくレゲェをのんきに熱い歌で聞きたいときにはぴったりかもしれないが・・・
要するにその先にあるものは基本ないわけだ。

音を作っているわけではない歌い手の作品の限界がそこだな。

しかしにんきに昼下がりにリラックスして何も考えずの空みての時には最高かもしれない。悪くはないよ!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM