ジャーキー・ヴァージョン・オブ・ザ・ドリーム ハワード・デヴォード

  • 2020.04.25 Saturday
  • 20:04

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何気に疲れをいやし、軽く気分を浮かせたくなって、整理していたCDの中から・・・・
運命なのか???いやあ、懐かしの音だな。
かなり好きな音なのだが、まあ時代の変遷の恐ろしさなのだろう。
だが、相変わらずのいい感じでのハワード・デヴォードの歌が聞こえてくる
そう、空気に浮いたかのような彼の柔らかな雰囲気を出してくる歌が結構いいわけだ。
そう、ニューウェイブ時代というか1980年前後のあのころの中でのプログレよりでありながらも
かなり聞きやすくポップな音づくりが気分を楽にしてくれるのだ。
変に気取らずに、力まずに、軽く音を流してくれる彼の音が本当に疲れた体には最高だ。
バックの音がとにかく変に凝っていないところがまあそれがいいのかもしれない。
この時代の音への、変なこだわりのなかった時代の良さがここに生きているのかもしれない。
耳元で囁くように歌いつつも、何気に変に浮遊空間で空から聞こえてくるかのような声。
そういう音作りがいまだに何気に聞くことができる最大の強さなのだろう。
主義主張ではなく、音と歌、そう求めているものがここに今まさしくあるのだ。
体が本当に楽になっていく。
俺は火だ、だが梅雨の時期には。。。。。おいおい本当にそんな歌詞なのか?
まあのんきに聞いて勝手に楽しめる音。
いいね。
気楽な音の良さが全面に出ている、いまだにその力は有効だ。
お気楽極楽な人生には重要な音だ!

なぜかいきなりのニューオーダー。ブルーマンデー

  • 2020.04.18 Saturday
  • 21:38

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何気にCD整理をしていて、あ!!の状態。
懐かしのニュー・オーダー
ジョイ・ディヴィジョンがいきなりのというかイアン・カーティスの自殺で終了後のバンド
バンドというかなんだろう、新たな形態の状態でのもの。
ただし日本にも来て、おそらく生を見ているはず。
まあ、演奏力は・・・の状態があの当時のニューウェイブバンドの状態だったはずだ。
ただし、もうバンドという流れではなくなっていたことも確かだから、まあなんとも言えない状態だったはず。
そう、まだまだなんとも言えない状況があの時代の音の新たな音の流れとともに・・・・
だが、はっきり言って・・・・ううううう????の状態。
しかし盛り上がることは客と演奏側がほとんど同じだったということもあったからだろう。
何しろ演奏そのものを期待して、と、いうことではなく音を聞きたかったということであったはずだ。
何気に思わずテクニークを聞きながらこの文章をの状態。ブルーマンデーの影響は本当に大きかった。
そう、イアン・カーティスの自殺ということが。なんとも言えない影響とともにだったかと。
まだまだニューウェイブとオールド・ウェイブという組み分けがの時代。
新たな流れの中での音の代表格扱いでの存在があたわけだ。
12インチミックスでは完全にコンセプトを変えての状態。
そう、何かを語り掛けたいを音で動いていた部分が完全に何かを誘いこむ音に変化している。
それがダンスなのか、ビートを感じるのか・・・本当に人それぞれだったはずだ。
懐かしの音だ。本当にハウ・ダズ・イット・フィール?????
若き日に何を感じていたのだろう。
いまだにその感覚は残っている。
衝撃の音だったはずだが・・・・・・
その後の12INCHなどはアナログがまだ手元にあるはずだ。
私小説的な音なのだろう・・・・うーむ、本当になつかしさとともに音が・・・・
いまだにその音は生きている。

かれこれ30数年か?だがその新しさは有効だ。

懐かしのシャイン・ソー・ハード  エコー・アンド・ザ・バニーメン 12inch

  • 2020.04.04 Saturday
  • 08:53

JUGEMテーマ:No Music, No Life


そう、何気に聞きたくなったのだ。
ジンボのライブ・・・なんとも言えない必死のパーカッシブな音。
本気でいつまでも記憶から消えない音の一つだな
宗教的な部分もあるような気も・・・まあラヴィ・シャンカールがらみだったような
思い込みだな。
だが音がそういう方向性が軽く出してしまっているところが・・・そう、これでこのバンドが
そういう音なのだ。
現実にはその昔は12inchシングルだったものだな。
下手すると10inchか????
懐かしすぎだな。とんでもない高値がついてしまっていたライブだ。
彼らは普通のアルバムよりも、この系統に流れたときにいい感じの音を作る傾向が・・
と、いっても数は限られているわけだが
楽器がとにかくすべて鋭さを求めて、何かを求めている雰囲気丸出しのところが・
本気で巻き込まれてしまった懐かしの時代だな。
現実の生ライブはそこまでのものではないのだが、とにかく録音されると・・
要するに彼らの強さがどこまであったのか?
そういうことなのだろう。
詩人に強さを求めても。。。。だがこのシャイン・ソー・ハードはいまだにその強さを失っていない。

この続きは。。。。。だが、うーむ、時代は変わってしまったわけだ。

朝からエル・モカンボでコステロを聞く。ライブ・アット・ザ・エル・モカンボ エルヴィス・コステロ

  • 2020.04.02 Thursday
  • 10:06

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何故に朝と書くと麻になるのだ????
まあいいや!(笑、古いな!)
とにかくはWATCHING THE DETECTIVESから終了までの一気の音の流れだな
何年聞いていいるのだこの音を
昔はブートに近かったような気がするのだが、
デーモンレコードがきっちりと出してくれたおかげでお気楽極楽に聞くことができる。
その昔のコステロは全く誰も知らずの状態。高校生の時に人と彼のことを話したら、知らぬの他人扱い食らった。
そのぐらいの扱いだったのが彼。
だが、時間がたつと・・・・そうパンチ・ザ・クロックあたりからの彼は。。。
日本にも結構来てくれて、3、4回見たな。渋谷のライブインかどこかでもライブハウス、ライブがあったような。
これは記憶が違うのかもしれないが、小さな会場でのライブもあった。
その大きさでの彼の音はかなりいい感じになってくれる。
この音がまさしくその音だ。
コステロの真実の大本に音がこれなのだ!
いやあ、バックの音が完全に彼を支え切っている。
バンドとの音の絡みが最高のライブだ。
ベースの音の流れ完全に全体を支え、それに乗ってくるバンドの音。
その音の中でコステロが熱く歌いまくる・・・って古い表現だな。
だが、まあそういう時代の音であることも確かだ。
1978年とあるのだが・・・・42年前の音ね。
いまだに有効だな。

コステロの良さがいい感じで表現されまくっているライブ。
元気が出るぜ!!

BLIND FAITHか・・・・・今の日本に一番必要なことだな。。。。

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 20:33

JUGEMテーマ:No Music, No Life



今、ちょうどプレゼンス・オブ・ザ・ロード・・・・・・ひたすらコピーにチャレンジしたな。。。
最初はクラプトンのライブヴァージョンで。。。。
この時代の音の凄さは楽器の音だけで人を引き付けてしまうことだな。
本気で延々と聞いていたくなる衝動に駆られることは間違いない。
シー・オブ・ジョイか・・・・そういう気分になりたいね。
なんだろう、人間の感情のいろいろな部分を見事に表現している感があるのは????

本気の音楽の凄さなのだろうなあ。。。。。あの時代の音楽への期待の凄さもあったのだろうね。
いまだに不滅の音の凄さがここにあるわけだ。

最高の音を協力して徹底的に凄い状態にもっていく・・・・いやあ、あこがれたな。。。
いまだにその気持ちがなぜか残っていることを知らせてくれるのがこの音もだな。

ウィンウッドの声の凄さがとにかくはいつまでも聞くことができる秘密の一つなのだろうね。
本気の音の凄さが永遠に語り掛けてくれる。
そういう作品だ。

いやあ、疲れているときのウェンディ&リサ、エロイカ・・なんだろう元気をサンキュー!!

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 09:53

JUGEMテーマ:No Music, No Life


で、どちらなのだ・・・と、考える時間がもったいないぐらいどう考えてもプリンスのバックということからは離れた方がいいよね。
あからさまに聞いているだけで元気になっていくことがわかる音の良さが最高だな。
なんだろう何度聞いても飽きない音って最高だよね。
何気にわからないことになっているはずの英語も実は理解ができてくるという凄さがある。
伝えたいことがわかる音に素晴らしさをものの見事に表現している。
mother of pearlに はいまだに何気に口ずさんでしまうね。
いやあ、歌詞カードなしでもわかる歌の良さが表現されている最高の音
それがこの作品だね。
聞いているだけでリラックスして生きていることの楽しさが見えてくる
いやあ、本気で単純に自分が好きというだけなのかもしれないけれど
そういう作品が良しあしではなくて出会う瞬間の楽しさって、何年たっても最高だな。

果たして今は???的なことは、正直気にしないのがおっさんの宿命。

体と脳みそが目覚めてきたぜ!

サンキュー ウェンディ&リサ!!


疲れた体にいい感じの音。しかし凄すぎのライブ フリートウッド・マック ザ・ダンス

  • 2020.02.29 Saturday
  • 21:28

JUGEMテーマ:No Music, No Life



再編成というか記念碑的な感じの再結集時の音。そのライブ。
本気でどこまで続くのだ?の幅の広さ、それ以上に懐の深さがあるライブだ。
その昔のブルースロックから変遷してのポップなロックの音に。
だが、その中にあふれ出してくるすさまじい音。
どこまでの塊になって音が出てくるのだ?
そういうライブだ。
限界知らずの音の豊かさが、音をまったく老化させない。
完璧なまとまりと、その音を作り出すメンバーのすごさがすべてを支えまくる。
説得力がすべてにあるというすごさがもうなんだろう、本当に懐の深さにつながっていく。
そう、単純に何かに括り付けたくなるような部分があるはずなのだが
その中に閉じ込められてしまうような音ではないのだ。
素晴らしい音に中からあふれ出る人間味がこの音を普遍のものにしているのだろう。
メンバーの人生の深さが何気に伝わってくるかのような音が素晴らしい。
何年たとうが、全くその音を衰えさせることがないのだ。
二十数年前の音のはずなんだが、その光はまったくなくならない。
何年たっても変わらい輝きを持つ素晴らしいライブだ。

なんだろう、疲れて聞いていたはずが、いきなり元気になってきた。
本当に素晴らしいライブだ。

元気だそうぜ!LOVE YOU LIVE! ザ・ローリング・ストーンズ

  • 2020.02.29 Saturday
  • 09:34

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いやあ、世の中が静かになり過ぎで、もう、なんだろう状態。
そこで元気を出すためにLOVE YOU LIVE!!

いやあ、なんだろう、このスッキリ感!余計なことは考えるな!状態だな。
変な噂や謎の病気で振り回せらている暇があるなら音で解消さ!

勢いとその力Nすさまじさでなんとなく完璧に納得させられるライブ盤
何年前だ???

だがいまだにその力は衰えない。大傑作ライブだ、
世間的には評価は普通だが。だが、そのパワーと説得力のすさまじさは本気にいまだ衰えない。

麻薬まみれの時代から抜けるかなの時代かな?
まあ、だけど、懐かしい話題を思い出させてくれる分本気でいまだに何気に思わず聞いてしまうわけだ。

いやあ、デビルだぜ!

一生懸命コピーに努力した高校時代が懐かしい。
おいおい・・・うーむ

まあ年齢は気にしないが一番!!

自己紹介させてね!!

THE CURE KISS ME KISS ME KISS ME

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:11

JUGEMテーマ:No Music, No Life


いまだに有効な音。
学生時代に来日、それ以上にスージー&ザ・バンシーズでの圧倒的なギタープレイ。
なんだろう、速弾き狂だった時代になんだろう、そう別世界の音の壁的な音がなんとも本当にすごかった。
だがふとりすぎ的傾向が・・・・これは関係ないな。
研ぎ澄まされた音の中でのサイケとは違う何とも言えない別世界の音。
黒の中から聞こえる異次元の音世界がこれだな。
だがライブとも、相違がない世界の音。
本気でギターそのものがどういうものかがわかっているからこそ出る音なのだろう。
歌は様々な世界を歌う。
優しくもありそうして悲しみもあり・・・・人間の感情すべてを表現しつくす感じだ。
いやあライブをまた・・・・・・

うーむ、しかしリアルタイムが空前の1984年のライブにつながっていく。
なんとも言えないタイトルの音がいまだに有効であるすごさはいったいどこからきたのだろう・・・

異次元なのか時間を飛び越えたのか?????

いや、本当にすさまじい彼ならではの世界はいまだに有効だ。

いや、どこからこの音が発想が・・・・・

ギターという楽器のうらから表までしっかりと把握し、そして表現をする。

いや、本当にすごい世界だ。

いまだに有効な世界がここにある。

昨日から延々とクリムゾン

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 08:33

JUGEMテーマ:No Music, No Life



オリジナルを一気に取り込み
そして他取り込み中。
現在 The Nightwatch そうクリムゾンのライブの再構成作品。
一枚で様々な場所のライブを一枚の作品風に・・・そう、じっくりと聞くといい味が出てくる系だな。
そして最後はスキゾイドマン になだれ込むわけだ。

いやあ、真剣に一人で夕方の休日に夕日を見ながら・・・・・

うーむ、それができる場所がオリンピックの影響でなくなっていく。
悲しいな。

でやはりクリムゾンの良さを延々と味わい生きている昨日からの俺。

おいおい薬の飲みすぎか?

と、まあ時代考証を・・・関係ないか・・・

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM