朝からアフリカン・ヘッド・チャージ GREAT VINTAGEvol.2

  • 2019.06.02 Sunday
  • 08:45


まあ要するにエイドリアン・シャーウッドが思わずやってしまったということのわけだ。
ひたすらのダブ。だがなんだろう、ようするにダブというわけではないわけだ。
ダブ=レゲェ方向の物という考えでは間違いではないだろう。
そこからの発展形で音を発展させたという聞き方でまあ間違いはない。
ただし、そこに思わずかかわっているのがエイドリアン・シャーウッド。
本人はレゲェ好きの人であるはずだが、出してきた音はレゲェではなく完全にスタジオで作った音。
むしろ映画のサウンドトラック的発想になっているように思える。
だが、そこでの音楽がそういうものではなく、ひたすら自分たちのリズムを音として、それ以上にサウンドとして作り上げたというものになっている。
元のアイディアを利用して新たに作り上げたサウンドという考え方のほうが正しいのだろう。
当然のごとくこれは気が付くとダブでもなければ、当然レゲェでもない。
むしろ気の向くままに、だがそこには綿密な計算と音作りと新たなビートがあるということになっているという聞き方が一番ただしいのだろう。
と、いうわけで簡単に言えばこれはVOL2とあるように他にもあるということになっているわけだ。
何気にバーゲンで買ったものの中にあったわけだが、まあすごすぎ。
だがなかなかにこの音が・・・と、いうことにはなかなかならないのだろう。
この手の音楽好きがかなり現実には限定されるということが一番の問題になるわけなのだろう。
まさか普通のお店で流すというような音ではないからだ。
むしろサイケデリックな画像やオカルト風味の画像の後ろで流れてくる音
そう、その場で音を作り上げていくのだが、とにかくはパーカッシブにそしてそれがかなりの暗めの、深く沈んでいくかのような音。。。。何かを空想していたいときの音がここに出来上がっていくというのが本当のところだ。
うーむ・・・・・・・
たまに聞く分には結構いいわけだが、これが日常となると・・・・ちょっと違う世界がやってきてしまうのかもしれない。
真夏の夜に一人暗く、・・・・おいおい・・・まあだがそんな感じの音だ。
面白いけれども、相当な覚悟がないと強烈な違和感を感じる可能性もあるのがこの手の音。
そう、パーカッシブで、むしろアフリカでの宗教音楽の音での発展形というとらえ方が一番簡単に思える。
うーむ・・・・・あからさまに人によっては、まるで無理の世界だな。
だが、ジャングルの中で音を探求して、そしてそこで祈る。。。。そういうところだな。

いやあ、一種の宗教音楽にも聞こえてくる。
人によっては大変な事態が・・・・・・なんだろう・・・・うーむ・・・・
俺は好きだけど、これってこの音から映像が浮かんでくるタイプの人間だからなのだろう。
一緒に歌いたいという方向や一緒に楽器W・・・そういう音ではないな。

まあ森の中の探求の先にあるパーカッシブな宗教音楽・・・そういうわけではないが
わかりやすく伝えようとすると、それがベストかもしれない。

しかし、まあ日曜の朝から・・・・・疲れているな、俺。

ジャジューカ ブライアン・ジョーンズ 正確にはBRIAN JONES PRESENTSだな

  • 2018.05.20 Sunday
  • 11:50


いや、本気ですごい世界だ。
一斉の楽器音で一気にその世界に入り込まされてしまう。
まだまだ子供のころに発売され、気が付くと以前に存在をしるころは超貴重盤状態。
基本入手不可の作品であったことが懐かしい。
LPの時代、試聴なんて今みたいに気楽なことではなかった時代だ。
そう不思議な音楽を子どもが聞けば、そのままお叱りを受けていた次第だ。
宗教がかった音に聞こえた瞬間に毛嫌いの時代の子供。
そう、まだまだ日本には音楽が特定の人のための特定のものでしかなかったことの証明なのだろう。
だいたも1ドル360円の時代からまともに変化していく前の時代の発表かな?
なんであれ1960年代の音の中に入っていくのかもしれない。
このモロッコの不思議な音がなんだろう、いい感じで体を柔らかくしてくれる。
宗教音楽扱いにするのが楽ということでの取り扱いになってしまうのだろう。
確かにこの当時のブライアン・ジョーンズの状態を考えると、それもありかな???
と思いつつも一般にはもっと違う扱いの音楽にされていたのだろう。
彼の麻薬問題がそうさせていたのかもしれない。
その中でのこのパーカッシブな音に乗ってくる不思議な音・・そう
THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA
そしてこれに絡む女性の語りかけ的な歌。だがこの音だけで突き進む曲もある。

そう何気にとにかくはひたすらのパーカッシブな音だけであるような気分もあるのだが、
しかし曲によっては手拍子までもがパーカッションの世界で構成され、それがそう音が乗ってくるのだ。
そしてそれに絡んでくる人の声に歌。独特の世界だが、きっとこれってこの住民の普通の世界なのだろう。

あ、そう気が付く、祭りの世界がこれなのだ。祭りの中の歌と呪文がこの収録なのだ。

不思議な世界につながっていくが、これがこの地方の音なのだということのようだ。
民族音楽の一つでありながらも
何気に思わず聞いてしまうところに体をリラックスさせる効果がある世界なのだろう。

THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA

本当に不思議な世界だ。
これに対する理解が出てきている俺はそろそろ棺桶か?
まあだが葬式なしよが希望の人間はどうなるのだろう?

希望は勝手に海に投げ入れなのだが・・・・だめだったはずだな。
うーむ

さあて帰ってきたら、フェラ・クティ カラクタショーだな。

  • 2017.11.26 Sunday
  • 09:24

JUGEMテーマ:No Music, No Life


パワーが出ないときは案外アフロのビートが支えてくれている。
まずは散歩。帰宅後はフェラ・クティだな。
カラクタショーから開幕だぜ!!

聞きまくりながらのお仕事に今日は燃えるのだ!

頑張れ!俺!!

エクスペンシヴ・シット フェラ・クティ

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 17:50

JUGEMテーマ:No Music, No Life



フェラ・クティの作品で初めてのころ近所のレコード屋さんで飾ってあったのが懐かしい。
学生街の近くに家があり、そしてその流れなのかなぜか輸入盤屋さんがあり
まあ私の子供のころはまだまだ学生運動がさかんだったころ。
その中でのレコード屋さんでとなるとやっぱりパワフルな感じになっていくのだろうという感じで
内容はまったく知らずで「うっひょうーーーー」状態。
で何気にCD化され入手。
過去はとんでもないプレミア付だったLP時代とは違い普通の値段の輸入盤安売り価格で購入。
何気にたたきの強いキーボードが主体の音が全体の音を支え続ける彼の歌は
常に戦闘を意識させられてしまうものだ。
しかしなんだろうこの見事なサックス
気持ちを高ぶらせ向かっていく元気を与えてくれる感じ。
そして、曲の前に何気に入る彼の声
それらがすべて全体につながり、そして気持ちを最高に高ぶらせてくれる。
このパワーがすべて音楽に傾き、そして聞き手に伝わってくる。
最高の音がここにある。
パワーをいただきに今日も何気に聞いてしまうのがこの作品という感じになってしまうときがあったりもする。
いやあ、本気ですさまじい作品だ。


何かを聞きたい・・・・・・でフェラ・クティ オリジナルサファーヘッド

  • 2017.09.28 Thursday
  • 22:37


何気に・・・・地の底からの闘いに挑む男の歌を。。。。。。
なんだろう本当に真剣にすさまじくパーカッシブ。
いやあ、そしてコーラスの厚さ
ものすごい壁のようになって音がやってくる!
基本はやはりなんだかんだで究極にパーカッシブ。
そう、歌よりも何よりもビートの発散が先にやってくる。
そのビートとパーカッシブな音の展開に体が乗ってくれば・・・・・もう最高。
本気でこのノリのすごさは何と表現していいのやら。
全体でおそいかかってくる音の壁の中からの歌とコーラス。
人間の限界のパワーを全体で作るからものすごいど迫力の音がやってくる。
演奏されているというよりも「やってくる!」と、いう感が強い。
訴えかけてくるもののパワーの源泉はいったいなに?
だがそれはナイジェリアの人でなkればきっとわからないのだろう。

だが本当に自分にパワーがないときにはちからづけてくれる!
やった、頼むぜフェラ・クテイ!!

なんだかんだで30年以上聞いていいるのか・・・・うーむ、本気ですごいね、このパワーは!

いやあ、この夏のクサ暑さを乗り切るには。。。いいねこれSAPCE JUNGLE LUV  ONENESS OF JUJU

  • 2017.07.03 Monday
  • 16:44
暑さに負けて家にこもっていて、何気に涼し気な予感が・・・・・
そう懐かしのSPACE JUGLE LUV
単純にONENESS OF JUJU というよりも様々なリズムの中でさわやかな音が・・・
この音の絡みがクールに絡んでいく雰囲気が確実に変な夏前の陽気を噴く飛ばしてくれている。

そう、古い言葉だが「SO COOL」と、いうことなのだろう。

だがベースの絡みとその音の作りと流れとそして出してくる音の雰囲気が完璧に全体を捉え
そして何気にクールさを醸し出してくれている。

しかし「クール」って古すぎで謎の言葉になっているな!

だがその言葉が一番似合いそうなところがなぜか一般受けしていかない秘密があるのだろうね。

本当に全体の広さの中で一部から聞こえてくる涼し気だが、何かそこにはあるぜ!
的な部分のかっこよさがここにはある・・・・・しかし、よくもまあこんなに古い言葉をつかえるな!

だがそんぽ言葉が一番似合うのかもしれない。
しかし本気でこの音の絡みのかっこよさは尋常ではない。

様々な音が絡みあってそして空間を作り上げていくかっこよさは他ではなかなかきくことができないことは確かだ。
そのなんとも言えない音の流れで作り出されていく雰囲気がタイトルにもつながっているのだろう。

音の絡みを楽しむためにおこなったセッションが大拡大してこの作品というのが正解なのかもしれない。
しかしこのベースって本気でカッコイイな。
真剣に思わずあこがれてしまっている自分がここにいる。

空間をクリエイトしていく時の流れのある音の絡み!!

いやあ、何年さかのぼっているのだ??・

だが久しぶりのこの音!本当にいいね。

ジャズ的発想も絡んでいるかのような音の作りだ。

絡み合いのセッションからでてきた音なのかもしれない。
本当にいいね。

JUGEMテーマ:No Music, No Life



キザイア・ショーンズリキッド・サンシャイン なんだろう強いビートというよりもこの歌い込み、意志の表現なのだろうか?しかしなんとも言えないこのビート感がいいね。

  • 2015.11.03 Tuesday
  • 08:56

JUGEMテーマ:No Music, No Life


アフリカ出身だからアフリカ分類なのだが、実際はロックよりのファンクだな。
最初の2曲の歌い込みがひたすら感動的な歌い方だ。
それだけでも何かが染み渡ってきそうな凄さがある。
この2曲だ絵を別途にして聞いていても時間帯によっては最高だろう。

だがこの人はまずは突っ走り系のだがひたすら腰の据わった感覚が本気で凄い。
ブラッドウルマーの肌触りにも軽く似ている。
本気で攻め込んできている感じがほんとに凄い
そうこのい突っ走りがタイトル曲のリキッドサンシャインでいきなり輝きまくる。
それがまあ、アコースティックにも攻め始めるのが4曲目
だが節々のリズムが凄い。一日このペースでいたら世界中のどこでもイケそうな感じだな。

しかし高音の裏声がまあ、なんとも特徴的。
どんな状況でも攻めは忘れない。
なんとか攻めながらでも溶けこむことを忘れるないのがこの人の特徴なのだろう。
歌が柔らかいのだ。
だからバックが攻めてきていても何も悪意を感じずにゆったりとした気分で聴くことができる。
ギターの音のふんわりとした感覚もあるが、とにかくはビートは忘れたりはしない。
そう溶けこみながらも心に攻め込むことは忘れない。
これがこの人の本質なのだろう。

いやあ、日曜の朝の攻め込みが必要な時に必要な音楽だな。
特攻だぜ!!

EXPENSIVE SHIT FELA Ramsame Kuti&africa70

  • 2015.05.24 Sunday
  • 09:47
軽妙な軽いタッチでアルバムは始まっていく。
だがキーボードの音が絡み始めた瞬間に雰囲気が変わり始める。
そう一気にムードが全体を引き締め作品のジャケットそのものを表現するかのような雰囲気が出始める
そこにフェラのサックスが絡み始める。
大きく主義主張が出始める雰囲気が丸出しになっていく。

音楽がいきなり一気の戦闘態勢に入っていくのだ。
とにかくフェラのサックスが全体を引き締め引っ張り始めると本気でジャケットやタイトルが何を意味しているのかを物語始めるのだ。
だがその作品が進むにつれ少々趣が変わる部分は確かにある。
戦いだけではないのだ。ただし言葉がわからないのでそうではない可能性は極めて高いが・・・

なんであれ緩やかの音の中での言葉の掛けあいが非常に心なだめるような雰囲気を醸し出すのだ。

一定のビートの中での言葉の掛け合いに真剣さがあると
何かを伝えるための音楽なのだなということに気付かされる。
軽く暗い部分はあるが、本当に心に何かを訴えようとさり気なくやっているかな?
という気分にさせてくれるのは確かだ。
タイトルとは違い音楽はゆるやかに結構いい感じで進んでいく。
パーカッシブなことはなく綺麗なメロディの中での言葉のかけあいであったりするので
戦いの中というよりも休息のなかにたたずむといった感じになっていく。
サックスを中心としたホーンにキーボードが綺麗に絡んでいく。
とにかくアフリカの雄大さというよりも、真剣に流れるような綺麗な音楽を聞かされている感じだ。

非常に広い空間の暗がりで音楽が延々と続いていく感じが本当に気持ちがいい。
超おすすめ。

だが長時間ものが苦手な方は無理かと。
なんでも時間をうまく使えることが前向きな心を作り出すのに役立つのだ!!
という勝手な思い込みでした。

JUGEMテーマ:No Music, No Life


JUJU   A MESSAGE FROM MOZAMBIQUE 強烈なフリージャズ。パーカッシブな態勢の中でも音は生きる。

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 08:01

JUGEMテーマ:No Music, No Life


深い闇から襲ってくる大きな波。。。。。まさかね。冗談です。
ジャケットが・・・ウーム強烈だ。
そういう時代の作品です。「フリーに」が「勝手に」と取られていた時代にそれに合わせてと、言うわけでもないだろう。音は計算されている。しっかりと。そうでなければここまでまとまったりはしない。

自由な闘いだが、これは音楽なのだ!という事が真剣に熱く伝わってくる。
で、このグループは名前がJUJU タイトルがA MESSAGE FROM MOZAMBIQUE
当時モザンビークは人種差別問題があって、ボブ・デュランの曲にもモザンビークテーマのものがあったはずだ。

まだまだ人種差別の時代が続いており、その中での自由の叫びというのがこの作品のテーマなのかもしれない。
はっきり言ってなにげに面白そうで買ったCDなので予備知識はまるでなし。
メンバーが誰なのかはもっと不明。逆にのんきのこの音の洪水の中に入っていけるということがある。
悪くはないのである。それどころか意味不明のパワーでこちらまで元気になってくる。

好きに思うがままの表現の良さが作品の頭から丸出しだ。
いやあ、目の前で見ていたら完全のノックアウト状態だな。すげーーーーーーー!!
それだけだな。

だがポップさはここには当然ない。テーマはメッセージを伝えるということだからだ。
で、メンバーはアメリカの人達。ヴァージニア。ニューヨーク。イリノイ、ニュージャージー、カリフォルニアあたりの出身の人たちだ。

そうかフラワームーブメントは終わっていなかったどころかこれが先なのかな?1971年結成だから、後になるのかな?なんであれあの時代の混迷と前向きの姿勢が勢いよく飛び出してくる作品だ。
考え方としてはジャズ・ファンクという分野での紹介になっている。
ファンクはともかくジャズという分野での分類が一番わかり易い。
聴く側の年齢にもよるのだが、私の子供のころの話で「なんだか不思議な事やっているなあ」的音楽がFMから流れていた時代の人であればこの感じ方になるのではないかと思う。
いい歳になってきて、ようやく意味がわかったというのが本音。

混迷のジャズが生み出した迫力のブラックミュージック。
だがピアノの音が優しい瞬間というかそのながれが有る瞬間もある。
非常に優れた音楽が闘う。

うーん、何言いたいのだオレ?
迫力負けです。すみません。

オリジナルサファーヘッド フェラ・クティ 日本での代表作。サックスプレイヤーとしての叫びとまとめが凄い

  • 2015.04.21 Tuesday
  • 07:34
JUGEMテーマ:No Music, No Life




高校の頃いきなりの音楽雑誌でのキャンペーンとともにレコード屋さんにいきなり登場していたフェラ・クティ

当初全く無理解というか、どこから飛んできたのだ?状態だった。
彼は戦士であってようだ。
ナイジェリアでの国内的な独立運動なのか民族運動なのかのリーダー的存在であったようだ。
だがほんとうのところはその当時では全く分からない。
私の高校の頃はやっとCNNがテレ朝でという状況だった時代。
アフリカの情報なんて、それこそM78星雲レベルの状態だったのだ。
不思議の国ナイジェリア。ようやくジャメイカがボブ・マーリィのおかげで出てきた程度。
そしてフェラ・クティ。当時の日本でのレコード会社は同じだったような覚えが有る。
そう民族的な音楽を、軽く閉塞感のあった当時の音楽シーンにちょっと試しにの状態。
でこの作品。友人何人かで、「一体???なに?」の状況。
でいきなり私が輸入盤屋の中古盤のコーナーで発見した。
そして初体験。
いやあ、なんといっていのだろう。「パワーの炸裂!!」
闘う姿勢丸出しの音の造り。
すべてが前向きで襲い掛かってくるような迫力で音が迫ってくる。
泥臭いジャズが地響きと完全武装で迫ってくる!!
途中のサックスはきっとフェラ・クティのものなのだろう。
ひねりと拳の効いた野太い音が迫ってくる。
腰が効いた落ち着いた音作りがその迫力とともに何かを説得してくるかのようだ。
しかし、ナチュラルな楽器だけで迫力を自然に作り出す。
本当に人間力というものを感じさせる音作りだ。
闘いの姿勢で約50分。
歌もあるがすべて闘いの歌なのだろう。
すべて全身から声を出してくるかのような体育会系の迫力だ。

いやあ、アフリカの迫力を一発で納得させる大迫力の作品。
大音量がおすすめ。
しかし野太さに大用心だ。

音はすべて襲いかかってくる。
うーん、アフリカ!!

それですべてが表現できるのかもしれない。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM