JUJU   A MESSAGE FROM MOZAMBIQUE 強烈なフリージャズ。パーカッシブな態勢の中でも音は生きる。

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 08:01

JUGEMテーマ:No Music, No Life


深い闇から襲ってくる大きな波。。。。。まさかね。冗談です。
ジャケットが・・・ウーム強烈だ。
そういう時代の作品です。「フリーに」が「勝手に」と取られていた時代にそれに合わせてと、言うわけでもないだろう。音は計算されている。しっかりと。そうでなければここまでまとまったりはしない。

自由な闘いだが、これは音楽なのだ!という事が真剣に熱く伝わってくる。
で、このグループは名前がJUJU タイトルがA MESSAGE FROM MOZAMBIQUE
当時モザンビークは人種差別問題があって、ボブ・デュランの曲にもモザンビークテーマのものがあったはずだ。

まだまだ人種差別の時代が続いており、その中での自由の叫びというのがこの作品のテーマなのかもしれない。
はっきり言ってなにげに面白そうで買ったCDなので予備知識はまるでなし。
メンバーが誰なのかはもっと不明。逆にのんきのこの音の洪水の中に入っていけるということがある。
悪くはないのである。それどころか意味不明のパワーでこちらまで元気になってくる。

好きに思うがままの表現の良さが作品の頭から丸出しだ。
いやあ、目の前で見ていたら完全のノックアウト状態だな。すげーーーーーーー!!
それだけだな。

だがポップさはここには当然ない。テーマはメッセージを伝えるということだからだ。
で、メンバーはアメリカの人達。ヴァージニア。ニューヨーク。イリノイ、ニュージャージー、カリフォルニアあたりの出身の人たちだ。

そうかフラワームーブメントは終わっていなかったどころかこれが先なのかな?1971年結成だから、後になるのかな?なんであれあの時代の混迷と前向きの姿勢が勢いよく飛び出してくる作品だ。
考え方としてはジャズ・ファンクという分野での紹介になっている。
ファンクはともかくジャズという分野での分類が一番わかり易い。
聴く側の年齢にもよるのだが、私の子供のころの話で「なんだか不思議な事やっているなあ」的音楽がFMから流れていた時代の人であればこの感じ方になるのではないかと思う。
いい歳になってきて、ようやく意味がわかったというのが本音。

混迷のジャズが生み出した迫力のブラックミュージック。
だがピアノの音が優しい瞬間というかそのながれが有る瞬間もある。
非常に優れた音楽が闘う。

うーん、何言いたいのだオレ?
迫力負けです。すみません。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM