ヴェルベットアンダーグラウンド&ニコ 何気に時々たたきつけギターのたたきつけ音がその10年後は

  • 2017.12.11 Monday
  • 20:13


何気に優しい声がすべてを包み込んでいく。そう、その優し気な音がしばらく時を支配する。
ニコの声が空間を支配してしまうのだ。
日曜の朝もルーの声で支配されてしまう。
そうそのぐらいに空間に圧倒的な存在感を放ちつつ先に進んでいく。
60年代の音楽のひたすらの前向きのすすむことしか知らない状態がすべての事象を包み込んでしまうのだ。
ヴィーナスまでもが彼らの中で動いていく。そう、世界の空間をすべて支配しそうな音がこれなのだ。
アイアム・タイアード・・・・叫びが・・・・この叫びが全体を連れていく凄さ。
このような作品がひたすら新たな空間からを願ってもそう簡単に出てきたりはしない。
この叫びを再び聞きたくとも彼らはこの世にはすでにいない。
黒い天使の死もそして脅威の、いや恐怖の白い粉もここにあるが。。。だがやはり疲れているのだ。
3000年の眠りにつくために彼らは歌っていたのかもしれない。
懐かしのルー・リード。2000人規模で彼のソロを見ることが出来たことは本当に幸せであることの証明だな。
宗教的な音にまで一瞬聞こえてくる、単なるギターのかき鳴らし音がすべての空間を包み込んだころ
そう、そういうことがあれば、その瞬間その空間の中で世界が平和になる。。。。。だが。ちょっと・・
すべての明日のパーティが・・・・・おいおい。
鏡になって・・・・黒い天使の死の歌とともに、日の光になって世界を照らす
そこにはフィードバック音が・・・・・・ヴェルベットの姿が・・・・

しかし、何年たっても思わず聞きこんでしまう凄さは永遠のものだろう。

凄すぎの歌の集合体だ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM