何気にジョン・リー・フッカーのその昔のチャーリーからの編集盤 THIS IS HIP

  • 2018.01.08 Monday
  • 12:26


実際にこの音っていいね。
音質もそうだけど、ジョン・リーの音楽そのものがね。
なんていっていいのだろう、本当に聞きやすい編集をしていることがよーくわかる1枚だな。
いきなりのディンプルスでか体に火が点きとういう感じって、おいおいまあだけどいきなり体が燃えるね。
自分が年を取ったせいもあるのだろう、本当に音が持つ意味がわかってきた感じがする。
そう、歌っている人との年齢や人生経験(おいおい、大げさな!!)が近くなってわかったことがね。
おかげで本当になぜに聞きやすいかもなんとなしにわかってきている。
わかりやすい曲が中心になっていること、そしてチェス時代の音が一番わかりやすいということもあるのだろう。
何しろ曲の構成自体がよくある流れを持っているということが大きいということなのだろう。
いやあ、朝からでも、昼間でも、そして本気の夜でもぴったりくる感じが強い。
聞きやすい音がそれを一層感じさせてくれる。
その昔、何気に超安値で買ったような。逆に意外に高かったのか・・・・うーむ。
買ったころのことは忘れたが、まあとにかくいい感じでわかりやすくきくことができる作品だ。
初めてジョン・リーを聞きたいと思った時はこれが一番わかりやすいかもね。
ブルースの基本もしっかり流れていくところもそれを一層という感じかな。

しかし、まあのんきなお休みだ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM