ワンネス・オブ・ジュジュ  なんともいい感じだが、そうアフリカというよりも明らかにソウル傾向

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 12:23


どんな雰囲気を求めようが、ここにはアフリカというよりもソウルがある感じが強い。
ビート的にアフリカを求めてもここにはソウルの音が近いという状態になっている。
のんきに2枚まとめて聞いていくと、まあ気分が和むことは確かだ。
この2枚とは

SPACE JUNGLE LUV
AFRICAB RHYTHMS

の2枚。
いい感じで音がまとまっていて、かつビートがわかりやすく体を楽にしてくれるところがまあなんともいい感じだ。
アフリカ的なジャケの雰囲気なのか、まあ何んとなしにソウルというよりも、これは・・・雰囲気のジャケ
そのジャケには何となくちょっと違う感じの音が出てくるが、まあとにかくは聞きやすい
リズムは何気ににコンガ系の音でまとめられ意外と気分がよかったりすることは確かだ。
この手のアフロ系の音が好きであれば結構いい感じで何気に聞いていられるこてゃ間違いない。
すさまじく攻め込んでくるということはなく、とにかくは優しくいたわるように音を出してくる感じが強くて
のんきに聞いていると意外と本気で元気を頂ける感じがある優しい音だ。
サックス系の攻めの音が結構気分がよく、そう一緒にこの音と何となくなじんでいられるところが結構いいのだ。
疲れた日の時間を過ごすには結構いいのかもしれない。疲れていない日は強烈な後押しの音に・・・果たして
そのあたりは本当にどこまでこの手の音が好きかどうかで変わるのだろう。
悪くはないし、とにかく気分がこの手に音に合えば、もしかすると最高に感じるのかもしれない。
ただしやっぱり時代がもう古いのかもしれない。
これを新たな音に変えて・・・・・となるとかなりいい感じのものが目の前に・・・
は、まあここでは関係ないな。
だが悪くないよ!
声がとにかく優しく、何気にいたわりの声に聞こえてくる。
これと相性が合えば、結構いい作品という点がつくものなのだろう。
ジャケとはちょっと違う音というのが、まあそういう時代だったわけだ。
いやあ、肩の力を抜いてのんきにどうぞ!そういう感じの作品だな。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM