子供のころを思い出し・・・サージェント・ペッパー

  • 2018.10.18 Thursday
  • 11:01


大昔を何気に思い出し・・・・そう記憶喪失患者の俺には重要なのだが・・・うーむ。
そしていろいろ思い出した。
小学生のころに父に買ってもらったサージェント・ペッパー・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
確かに今ではさすがにの曲もあるがこのまとまりかたは本当にすごい。
基本は全体を見据えての集まりだから個々の曲があーだ、こうだいう必要はないわけだが・・・
だけどいまだに有効な曲も当然のことながらある。
タイトル曲もそうだが、やはりルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド
そしてア・デイ・イン・ザ・ライフになるのだろう。
確かにジョージ・ハリスンのシタールの香りは本当にすごい。いまだに有効といういうところのすごさがあるのだ。
ということで薬のお友達的お取り扱いになっていく部分もあるのだろう。
実際にそうであったことは確かだ。
どこかに行くのか、どこからくるのか?そういう部分が本当にある作品だ。
減じ現実が近い部分とそうではない部分がうまく密接に絡んでいくところはいまだに面白い。
そう小学生のころの感覚が戻ってくるのだ。
本当にいまだに有効とゆう部分が本当にすごい作品だ。
大傑作としての取り扱いがいまだに続き。イギリスでは・・・・と、いう感じのようだ。
サイケデリック時代のいまだすさまじく存在感のある作品という位置づけが、いまだにこれ以上
のものはないという評価になっている。
感じるのは何を語りたいのかということなのかもしれない。
その気持ちが音になり表現されていく。
他ではなかなか聞くことができない部分がこれなのだろう。
懐かしの作品がいまだに有効。
疲れ切っているときには結構いい感じがいまだ残る大傑作ということだな。
何かしら読むことがあっても記憶は消えない。

記憶の物語、それがサージェント・ペッパーなのかもしれない。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM