ドンズ・レゲエ・コネクション1 さすがの42年前か・・・・

  • 2019.01.06 Sunday
  • 09:51


何気にラックを探すと思わずの世界がやってきた。
42年前でいいのかな1987年クレジットは?内容はその前のものになっていくるから・・・・
内容はあくまでもレゲェ中心なのか、それがダブであるのかの部分はあるが
その当時のレゲェ紹介用のディスクなのだが・・・ドンさんがDJでその案内をしている内容
グラッドストーン・アンダーソンから始まり、フランキーポール、ジョディ・モワットとつながっていく。
その当時の代表亭アーティストの音の集大成的なものをDJが案内するというもの。
もしかすると中古できわめて安い価格で入手可能なのかもしれないが・・・
ちなみに音そのものは一級品のアーティストだからかなりいい感じのもの
DJ風味が好きか嫌いかの判断ではないかと思う。
本当に気楽に流しっぱなしであればどこかのお店にいるような感じでお気楽極楽が待っているわけだ。
最高とまではいかないが悪くはないものだ。
しかし本当に歌の凄さが心を惹かれるという感じだな。
レゲェの良さが満点で伝わってくる。
その中に入っているのがミュートビートだ、いい感じでのノリの良さが本当に大好きだな俺は。
何度見たのだろうミュート・ビートは彼らが出てきたばかりのころの海外レゲェアーティストのライブには彼らが必ず前座だった。
本気でこの懐かしさとノリの良さが最高だ。
レゲェの音のつくりかたがなんとなくわかるような作品で時々探して聞くには結構いい感じの作品だ。
うーむ、だが音の良さとキレがその時代の音であることは確かだ。
お安く見つかった場合にはおすすめだな、これは。
音の作りかたがよくわかる録音という部分が楽器をやっている人には最高の部分だな。
いやあ、ベースのお稽古だな


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM