アート・リンゼイのギターは、いまだ楽し!アンビシャス・ラヴァーズ グリード

  • 2019.05.02 Thursday
  • 20:55


いやあ、いまだ楽しさ失われずに聞くことができる作品だ。
本気で細かな音の重なりの楽しさが失われていないというすさまじい作品だ。
いい加減にどこかできっと・・・それがいまだにない新鮮味のある音が生きている。
しかしじっくり聞くと本当に細かな行き届いた音の重なりと整理が本当にキチンとできている。
そう、だからこその音の新鮮味がいまだに生き続けているのだろう。
気楽にセッションする雰囲気が超絶ものの音の細かさの連鎖が生きまくっている
そう、音がたのしいのだ。
おかげで新鮮な音がいまだに生き続けているのだ。
アート・リンゼイは一度過去来日を見ている
渋谷のライブインでの4人組のライブだったはずだ。
そう、大昔レベルだった。その時はここまでの楽しさのある音ではなかった。
だがキチンとプロデュースされた中での音は本当にすごいものがある。
彼自身のプロデュース能力の高さということもあり、この作品の音のまとまりと
新鮮味は素晴らしいものがある。
音に限界がないという部分もあり、延々と広がり続ける音世界がここにはある!
そういう感覚での音がいまだに生きているという凄さがある。

いやあ、しかしそういう中でも緊迫ということではなく、ひたすら楽しい音世界という部分がいいね。
ただし人によっては適度にさきに進みすぎに感じる可能性もあるが・・・・

いやあ、本気でこの手の音の作り方が好きな場合には気楽な音世界の展開といった感じで
本当に気分は最高の音になって伝わってくるのだ。

たまにはのんきな時間が必要!というときには。。。。。だが・・・・うーむ
人の好き好きが思い切りでそうな・・・・・

俺はこの音が好き!!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM