久しぶりのマガジン PLAY

  • 2019.05.26 Sunday
  • 08:35


お目覚めが必要な状態に、マガジンで攻める。
このなんとも言えない力の出し方がいい感じでお目覚めをもたらせてくれている。
そう、出かけるためのパワーをもたらしてくれているのだ。
なんとも言えない現状では果たしてのギターの音が、かなりの力をもって迫ってくるのだ
まとまりのよいバンドの力がまとまって聞き手に迫ってくる。

そう、光がこちらを浴びせてきているのだ。
そのなんとも言えない力と疾走感でこちらの体は目覚めていく。

だが、これはマガジンが好きだからという部分がおおきのだろう。
ジョン・マクガフの良さを理解するかどうかだけだが
好き嫌いがあってもおかしくはない・

しかしこの疾走感とハワード・ディボードの説得力のある歌は素晴らしい。

生を真剣にみたかった。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM