久しぶりのボブ・デュラン 追憶のハイウェイ61 HIGHWAY61REVISITEDなんだろう元気をサンキュー!

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 15:47


いやあ、懐かしの音だな。
だけど、やっぱりボブ・デュランの音は生きているね。
不思議に古いはずなのに古さではなく、伝わってくるものがあるのだ。
そう、真剣に伝えるものが存在する音の不思議さがここにあるのだろう。
ライク・ア・ローリングストーンなどは初めて聞いたころと変わらない。
逆に言えば元々の古いうたを最初から感じていたからという部分があるのだろう。
音を伝えるというのではなく、言葉や心を伝えたいという思いの方が本当にこの人は強いのだろう。
傑作と言われているがそこまでを感じたことはない。
だがいまだに昔のままそのまま聞けて、なんだろう、何気に一緒に歌っている自分がいる。
特にファンでもないのにだ。
それがこの人のすごさなのだろうね。
キッチリと記憶に残っているすごさがこの人の根本的なすごさなのだろうね。
人間をしっかりとうたっているということなのだろう。
いまだに転がり続けるわけだ。

昼下がりの休憩には結構いいのかもしれない。
気楽なレゲエと同じで本気で体に優しい音だ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM