久しぶりのデビッド・ボウイ。暑さの中のジギーは案外涼しくていいね。

  • 2019.07.29 Monday
  • 08:12


何気に歌詞を覚えている
そう、かなりわかりやすくはっきりとうたっているわけだ。
音に確実に反応してしまう作品ってそうあるものではないが、これは確実に反応する。
そのぐらいなじみとわかりやすさと夢があるわけだ。
なんだろうこのSF的感覚。
これは思い込みかもしれないが、そういう不思議さがあるのがこの作品
だから永遠に聞かれるような扱いになっているわけだが。
日常と非日常、そして現実と死
そういう作品だね。だからいつまでも忘れないわけだ。
案外日常と同じ敵部分がある作品ってそうあるわけではないから忘れない。
そう、疲れを案外簡単に癒してくれる、そういう部分があるのだ。

だが、それだけではない不思議さ。
一体何年聞いているのだろう。
不思議な音だ。

新作はもうありえないという部分がこの作品から離れられない理由なのかもしれない。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM