昼のアフリカン・ヘッド・チャージ グレート・ヴィンテージ1 いやあすさまじき一歩間違えば・・・

  • 2019.09.14 Saturday
  • 14:14


なんだろう、このパーカッシブな音の集大成は!
ひたすら暗がりを徨い歩く感覚というのが正解なのだろう。
その昔の地獄の黙示録のジャングルの世界が音として広がっていく感じだ。
まさしく音の空想の中での人間の動きを表現すると、このようになるのだろう。
いやあ、凄まじき音の塊が俺を攻めてくる。
基本はとにかくは不思議なパーカッションの音。
様々な音が基本となり全体を作り上げていく。
そこでベースが歌う。
そして謎の声が・・・・・・・・いやあ彷徨いの世界だな。
なんとも言えない世界が目の前に広がる。

いやあジャングルを彷徨うときっとこのような感覚になるのだろうな!
と、まあ勝手な想像をしてしまう。

何年前の音なのだ????1981-1982にあたりの音世界。
手元はon-uのもの。made in france

いやああのころが懐かしすぎだな。
音の世界が大きく変動していた時のい音だね。

なつかしさが・・・・・勝手に・・・・・・・

ううううううう
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM