疲れ切ってマガジン プレイ.

  • 2019.10.31 Thursday
  • 19:32

JUGEMテーマ:No Music, No Life



確か完全版が販売されているような気もしたが。。。。
結構かなり聞いたようなところもあるが、超久しぶりに
過労&疲労で眠くてボロボロ。
なんとかならないのか?なるわけがないよね。
あきらめてまあ、ね。当たれ!ロト!その前に買え!買わず当たれでは馬鹿丸出しだな。
と、まあそのぐらい思考能力0状態でマガジン。
結局音がストレートで、ビートが安定しているから体に楽。
年よりのうめきではなく、現実にそうだろう。
ここでのギターは。ジョン・マッギアーでいいのか?当時はジョン・マクガフ。
ニューウェイブ全盛真っ只中の名ギタリスト。だから目立たないのだが・・・・
精神的に参ってしまってのような話のはずだが・・・

しかし、本気で何年たってもこの音の流れは最高だ。
そう、本気で体を休めてくれる。
だがこれって彼らの持っているビートと俺のビートが一致している状態ができるからなのだろう。
かれこれ・・・・・・1980年か・・・・・
まあ。きにしないのが一番だな。
そうかパンクから何年たったのだ?だが本気で細かな音がなくとも完全に空間を表現している。
その中での歌の通りが結構いい部分もこの何とも言えない
気楽さにつながっているのだろうなあ・・・とは言え、人によってはまったくダメということも当たり前だな。
人それぞれの音楽の中でも生き続ける音ってやっぱりいいよね。
体が楽になる。
さあて晩御飯の後は・・・何を聞こうかな???
だけどやっぱりいいなこのライブ。
死ぬまで聞き続けるのだろうな。
THE LIGHT POURS OUT OF ME
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM