このご時世にはブライアン・ジョーンズ・プレゼンツ ジャジューカ

  • 2020.03.02 Monday
  • 20:27

JUGEMテーマ:No Music, No Life



なんとも言えないパーカッションの音とともに、なんとも言えない音が絡んでくる。
そしてパイプが音を奏でてくる。
ブライアン・ジョーンズ・プレゼンツ・ザ・パイプス・オブ・パン・アットジャジューカ
大昔はこの音をきくことすらむずかしかった。
そう、ブライアン・ジョーンズの麻薬問題が大きく絡んでいたからだ。
現実にこの音との出会いはきっと、彼はその中にあったのだろうと勝手に想像してしまう。
それだけ本当になんとも言えない現像的な音作りが本気で凄まじい。
人間の感情のすべてを音にして表現するとどうなるのか?
そういう感覚すら感じてくる。
いやあ、この中での日常があるとするならば、一体??
本当に日本ではありえない音がここにあるということが一番適切な感じ方なのだろう。

だが体になじんでくると疲れが癒されてくる。
そう、これが宗教というものなのかもしれない。
摩訶不思議なこの世とは違う世界の音といった感覚に襲われてしまうのだ。
当時は第三世界とされていたところでの音がリアイティをもって襲い掛かってくる。
本当にこの世の中からの隔絶といった、不思議な世界に包まれていくのだ。

この摩訶不思議な音はきっと永遠のものなのだろう。
人間の中にある違う世界の音。
それがジャジューカなのかもしれない。

本気で世界から離れたくなった時に聞く音がこれなのだろう。
何年たとうが不思議な世界の中の地球の音。

宗教のすごさがこれなのかもしれない。

おやすみなさい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM