いまや、懐かしの音。プリンスが懐かしい アラウンド・ザ・ワールド・インナ・デイ

  • 2020.03.05 Thursday
  • 09:36

JUGEMテーマ:No Music, No Life


彼にはジャンルがあるのだろうか?そういう印象もあるのだが、まあ時代だね。
あの時代の最先端のポップな部分が彼だったわけだ。
まだまだいろいろなものが未知であった時代の音
そう、音はまだまだ開発中だったわけだ。
その中で彼の感性と才能が世界を切り開いてくれた。
日本にも来てくれた・・・思わず見てしまった。
いやあ、すごかったとしかいいようがない世界がそこにあった。
1日で世界を回るのだ!真実を歌っているのだろう。
おちついたソウルから華やかなポップソングまで多種多彩な音がまとまってやってくる
そう、様々な音を一発でまとめてきかせて納得させて感動させる。
ここにはそれがある。
すべての言葉に説得力があるのだ。
この言葉と音がまとまってくるのだから世界中で彼を受け入れたわけだ。
亡くなって何年たつのだ?
本当になぜに死んだのだ?
一番死んでほしくない人間がこの世にいないことの寂しさが・・・
だがこの作品の光る部分がそれを打ち消してくれるのだ。
紙ジャケの始まりのようなパッケージングで売られてそれを購入。
痛みが・・・・・・だがいまだに手放せないのは?????
そう、本当に心から離れることがないからだ。
人が人を歌う、その楽しさや幸福感に満ち溢れている

いやあ、俺も世界を一日で飛び回りたい

ワープが・・・・・・・おいおい、だけどそういう気分にさせてくれる不思議な作品だ。

永遠に聞くのだろうなあ・・・・・・
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM