1999 いやあ懐かしい

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 08:16

JUGEMテーマ:No Music, No Life



ノストラダムスはどこに?????
一説によると20年ほどプラスした年が。。。という話があったような・・・

って、まあどうでもいいわけだが
それにちなんでの1999ではなかったはずだ。

プリンス絶頂期の2枚組だったはず。
みーんなが何気にしっていて、何気に軽く鼻声で・・・いや軽く口ずさんで、はないな。
だがそのぐらい話題になって、一般にもプリンスは
そうマイケル・ジャクソンの対極的な扱いだったはずだった。

しかしオーソドックスなロック風ソウルで聞きやすい作品だ。
そう、疲労回復に結構いいのかもしれない。
そのぐらいお気楽極楽な音に今は聞こえてくる。
それだけ先に彼がいっていたということなのだろう。
20年たって普通の音になった。
まあ、現実にはポップソング的な部分の方が多い作品だから本当に聞きやすい。

ちょっと子供にはの部分はまあ、限られているから
今の状況がその昔はとんでもないことだったということの証明みたいなものだろう

ビートがわかりやすく作られていて、そう、理解しやすいわけだ。
様々なビートの中ではなく、基本は歌になっているからだろう。
何かを伝えるのだ!的な音作りが本当にうまくいってるということなのだろう。

傑作とまではいかない状況にまで来ているが
その昔は・・・いやあ、びっくり状態だったはず。

本当に歌を歌いこんでいるという風に今は聞こえてくる。

疲労回復に、気楽になるには最高の一枚の一つだろう。
時代の変化ってすごいね。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM