懐かしのシャイン・ソー・ハード  エコー・アンド・ザ・バニーメン 12inch

  • 2020.04.04 Saturday
  • 08:53

JUGEMテーマ:No Music, No Life


そう、何気に聞きたくなったのだ。
ジンボのライブ・・・なんとも言えない必死のパーカッシブな音。
本気でいつまでも記憶から消えない音の一つだな
宗教的な部分もあるような気も・・・まあラヴィ・シャンカールがらみだったような
思い込みだな。
だが音がそういう方向性が軽く出してしまっているところが・・・そう、これでこのバンドが
そういう音なのだ。
現実にはその昔は12inchシングルだったものだな。
下手すると10inchか????
懐かしすぎだな。とんでもない高値がついてしまっていたライブだ。
彼らは普通のアルバムよりも、この系統に流れたときにいい感じの音を作る傾向が・・
と、いっても数は限られているわけだが
楽器がとにかくすべて鋭さを求めて、何かを求めている雰囲気丸出しのところが・
本気で巻き込まれてしまった懐かしの時代だな。
現実の生ライブはそこまでのものではないのだが、とにかく録音されると・・
要するに彼らの強さがどこまであったのか?
そういうことなのだろう。
詩人に強さを求めても。。。。だがこのシャイン・ソー・ハードはいまだにその強さを失っていない。

この続きは。。。。。だが、うーむ、時代は変わってしまったわけだ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM