なぜかいきなりのニューオーダー。ブルーマンデー

  • 2020.04.18 Saturday
  • 21:38

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何気にCD整理をしていて、あ!!の状態。
懐かしのニュー・オーダー
ジョイ・ディヴィジョンがいきなりのというかイアン・カーティスの自殺で終了後のバンド
バンドというかなんだろう、新たな形態の状態でのもの。
ただし日本にも来て、おそらく生を見ているはず。
まあ、演奏力は・・・の状態があの当時のニューウェイブバンドの状態だったはずだ。
ただし、もうバンドという流れではなくなっていたことも確かだから、まあなんとも言えない状態だったはず。
そう、まだまだなんとも言えない状況があの時代の音の新たな音の流れとともに・・・・
だが、はっきり言って・・・・ううううう????の状態。
しかし盛り上がることは客と演奏側がほとんど同じだったということもあったからだろう。
何しろ演奏そのものを期待して、と、いうことではなく音を聞きたかったということであったはずだ。
何気に思わずテクニークを聞きながらこの文章をの状態。ブルーマンデーの影響は本当に大きかった。
そう、イアン・カーティスの自殺ということが。なんとも言えない影響とともにだったかと。
まだまだニューウェイブとオールド・ウェイブという組み分けがの時代。
新たな流れの中での音の代表格扱いでの存在があたわけだ。
12インチミックスでは完全にコンセプトを変えての状態。
そう、何かを語り掛けたいを音で動いていた部分が完全に何かを誘いこむ音に変化している。
それがダンスなのか、ビートを感じるのか・・・本当に人それぞれだったはずだ。
懐かしの音だ。本当にハウ・ダズ・イット・フィール?????
若き日に何を感じていたのだろう。
いまだにその感覚は残っている。
衝撃の音だったはずだが・・・・・・
その後の12INCHなどはアナログがまだ手元にあるはずだ。
私小説的な音なのだろう・・・・うーむ、本当になつかしさとともに音が・・・・
いまだにその音は生きている。

かれこれ30数年か?だがその新しさは有効だ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM