朝からDUB EXPLOSION キング・タビー&フレンズ。

  • 2020.05.10 Sunday
  • 09:00

JUGEMテーマ:No Music, No Life



演奏面ではお気楽極楽状態が結構あるのだが・・・逆にそれが良さにつながっている部分も
ダブを極めるというよりも呑気にこの世界を楽しみたいという向きへは最高かもしれない。
極端に気合がというものではなく、身近な音で・・・・・・・
と思っていると、2曲目からは彼らの世界が登場してくる。
一番はとにかくはギターのカッティングの問題なのだろう。
どこまでお気楽にが。。。シビアな音への連絡口に変化していく。
そう、音世界の構築への入り口がこの世界のギター音の元になっているのだ。
全体に広がる空間拡大への流れが落ち着いて聞こえてくる。
そう、ギターやエコー的なものだけではないサックスの音。
サックスで軽くレゲェのビートの表現という面白い部分もあったえいもするのだ。
ダブ世界の様々な広がりや音の使い方が見えてくる面白さがある作品なのだろう。
気合を入れてというよりも、ダブってこういうものよ的な部分が非常に朝のダブには最適
とにかくは様々な楽器や声でにダブ世界の構築を確かめるには最高の内容・・・までは大げさだな。
だがお気楽極楽にダブを楽しむには悪くはない作品だ。
逆に極端に期待して聞く音でもないことは確かだ。
トロ―ジャンから出ているものだから音源は確かなものであるのだろう。
いやあ、気楽にダブの入り口を。。。には結構いいのかもね。
だが極端な期待は禁物。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM