なつかしのデビッド・ボウイ・・・ロジャー

  • 2020.08.01 Saturday
  • 13:07

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いきなりなくなって何年だ?
そういう感覚で現在聴いている。
しかしこのビートの保ちかたが確実にプロの最高の仕事を感じ支えてくれる。
そう、レゲェビートが確実に生きているのだ。
ほか様々な音の組み合わせが本当に楽しい作品だ。
とにかくは何かを確実に伝えるのだという彼の意志が明確になっている作品。
この後に来日しているはじだが・・・・NHKでライブを。。。記憶違いかも・・・

だが現実には一番よかった時代なのかもしれない。
その後の世界的な一般的な大ブレイク前の軽く力を抜いた作品だが、いまだに有効。
なんだろう、本当にこれぞ「プロ!」
そういう音だ。
見事に音を作り上げている。
最高とまではいかないのかもしれないが、俺には本気でいいね。
いまだに聞き続けていることがその証明だ。
ブライアン・イーノとの絡みがあった時代の音
見事過ぎの作品だ。
怒りをもって・・・・・DON'T LOOK BACK IN ANGER
いやあ、いまだに有効だ!

俺はこれが結構好き!
レゲェオタクにも有効な音がこれだな。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM