アンチ・レイシスト・ダブ・ブロードキャスト マッド・プロフェッサー 静かな足取りが・・・・

  • 2020.10.09 Friday
  • 09:32

JUGEMテーマ:No Music, No Life



現在の世界を・・・と、いうわけでもないのだが、昔からの問題に関するダブと考えても・・
考えすぎか?
ひたすら静かな空間が続いていく。そう、叫びとかそういうものではない。
完全に音の空間での表現になっている。
ひえーーーー本気ですごいダブだ。
ここまでダブ空間を使いかまくっている音はほかにはないだろう。。。と思わず感じる音だ。
流れるサックスの音もこの空間の中での響き方が空間と一体になって攻め込んでくる感じだ。
この細かなパーカッションの音が空間を作り上げて盛り上げて。。。盛り上がりはしていないのだが・・・
そう、音をのものは素晴らしくクールな空間を作り上げてしまっているわけだ。
この中をひたすらマッド・プロフェッサーが空間で表現をし続けているといった感じが非常に強いわけだが
途中の大会場での演説的な語りの挿入が何等かの意図を感じさせるものになっている。

これがアンチ・レイシズムということにつながっているのだなと。。。感じるわけだが
やはり日常の言葉ではない分、私には理解のできない部分があるわけだ。

そうもう完全に音の響き
空間の広がり
その中の淡々として音に流れ・・・・
全体が何かの空間を作りあげて存在してくれている。
そう。そういったとにかくはクールなダブ空間の表現の塊がこの作品なのだ。

いや、本当になんだろう、このクールさ加減。
際限のない空間に広がりを感じさせてくれる音だ。

凄すぎ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM