懐かしのローリング・ストーンズのTATTO YOU なんだろう本気でよくきっちりと作ってあるね。久々に聞いてびっくり!

  • 2019.10.07 Monday
  • 08:09

JUGEMテーマ:No Music, No Life



本当に完璧に近いつくりをしている。
丁寧そのもののつくり方だ。本気で様々な音を作り出している。
曲も結構いいものぞろい。
そう、単純なロックアルバムというものではないものを作り出そうとしていたのだろうね。
いまだに何気に耳に入ってくると結構覚えているのはそのためだろう。
完全にバラード中心になっている感が強く、聞きやすいということがあるのだろう。
存在を明らかにする!と、いうよりも一緒に歌おうぜ的な雰囲気丸出しだ。
なんであれスタート・ミー・アップはなんだかんだで
彼らのライブでは欠かせないものになったということもあり
何気に耳に入って来る状況のころがあったという部分も・・・・
そう一般受けした作品ということなのだろうね。
それだけわかりやすく丁寧に作ったということなのだろう。
基礎がR&Bではなくバラードという感じの作品だな。
だから、体質に合うあわないがあるということもあるのだろう。
常に必要というわけではないが、本当にまれにたまに聞くには結構いい感じだ。
いまだに有効という1980年かな?
そのあたりの作品で何気にキチンと聞いていられると、いう部分が本当にまじめに作ったのだな
ということがよくわかるような・・・・・そう、曲が・・・さすがにね。
若くはないということなのだろうね。演奏で聞かせるバンドではないからそのあたりが勝負かと。
いまだに有効で生きているバンドだが、粗が見えてくるという部分もある。
それを気にするかしないかが運命の分かれ目だな。
適度に流しておくには、いまだに有効な作品だ。
なんだか元気になることだけは確か!
この当時の彼らが、彼ら自身の根っこ部分が本当に元気であったことの証明の作品だね。
そしてそれがいまだに有効!なぜにいまだに存在し続けていることが可能なのかがわかる作品だ。

朝からフェラ・クティで景気づけ オープンクローズド&ヒー・ミス・ロード

  • 2019.10.05 Saturday
  • 09:06

JUGEMテーマ:No Music, No Life



いい感じで体にビートが乗ってくる。
そう、何気にからだが反応している。
このほうが体にいいわけだ、俺には。
なんだろう、アフロ系に体が次第に慣れてきている。
楽しそうな音にパワー注入して、大きく主義主張と、いった感じだが・・・
実際はかなりクールに冷静な中身のある音を繰り返して出てきている。
なんだろう、やっぱりパワーと集中力なのだろうね。
思わず体があおられて、動き始める。
うーん、気分は最高!

ありがとう!フェラ!!

眠れない俺は、ライブ・デッド

  • 2019.10.05 Saturday
  • 00:15

JUGEMテーマ:No Music, No Life



なんだかんだで眠れない俺。
そう、真剣に家族とのもめごとで・・・それもまたほとんど言いがかりの世界。
いまだに俺は?????
あの・・・・努力した人間ってバカなのね、きっと。
で、この一年余り眠れない日々。
いやあ、完全に気持ちが切れる寸前まで来ているからそろそろ大丈夫だな。
謎の緊急搬送の原因が明確にスーパーストレスの中にいたからと診断されている。
その気分を断ち切って元気にさせてくれるのがジェリー・ガルシアのギターの音。
いまだに気分を楽にしてくれる音だ。
このギターを完全に最高の状態にもっていくデッドの音がすさまじく素晴らしい。
なぜにその昔彼らの音の中でトンでもないことが行われていたのか?
なんだか納得できるね
そういう気分を完全にやわらげ、そして違う世界へ・・・・ワープして戦うのだ!
は、かなり違うが、そうスター・トレックの発想と共通するものを感じる俺はバカか?
いや、違うな、何かに思いをはせて、その世界に連なり、そして自分を解放させる。
いまだにそのなんとも言えない状況がありうることが凄い。
有効期限は永遠だな。
すさまじいライブだ。緩やかな時間がなんとも言えない気分にさせてくれる。
本当に真実にすごいライブだ。
大傑作だな。

ただし人にもよるな。

しかしジェリー・ガルシアのギターの適格な音の出し方は本気ですごい。
なぜにここまでの音を作り出すことができるのだ?

永遠に続く彼らの音世界。

凄すぎ

ソーメニーローズ SO MANY ROADS 1965-1995 グレイトフル・デッド

  • 2019.10.04 Friday
  • 23:48


JUGEMテーマ:No Music, No Life



まあすぐには聞き終わるわけのない長さにこの時間・・・・いつ寝るのだ?
そういう状況で殴られたの巻
だがやっぱりデッドのライブはすごいね1969年あたりから1974年あたりかなDISC2
ジェリー・ガルシアのギターが凄すぎ。
それを支えるデッドの音が・・・・絶句ものの絡みでその全体をひたすら盛り上げていく。
なんだろう、このひたすらの終わりなき旅のような緊張感あふれる音は。
絶品だね、やっぱり
いまだにきっとあちらの国では支持されているのだろうなあ・・・・は、果たしてだが。
時代と文化の変遷と思わず・・・と、いいつつも基本そのあたりはどーでもいい俺。
しかしジェリー・ガルシアのギターの音の鮮度がいまだ衰えを知らないところが・・・・
真実のすごさがこの辺りにあるのだろうな
しばらくデッドの世界にいるのかもしれないね。俺は。
ダーク・スターは不滅だね。
だめだ、再びライブデッドが友達になってしまいそうだ。
しばらくはソーメニーロードがお友達だな。
音が繊細だ・・・・・バンドの本来の音の集大成か・・・・・
いや、真にすごいライブだ。

夜の暗い夜空に結構いい感じで合うな、デビッド・ボウイ BBC RADIO THEATRE 2000年6月27日

  • 2019.10.04 Friday
  • 22:14

JUGEMテーマ:No Music, No Life



なんだろう、疲れ切った体に結構いい感じで癒しになるな。
結局は演奏力なのだろうね。
とにかくは音が・・・楽器そのものの音が魅力的というのがすべてだね。
艶の重要さがこのライブでよくわかる。
音の艶・・・・・そう、これを甘く見ていると・・年齢や時代の問題なのかもしれないが
本当に艶のある演奏、音は魅力があるわけだ。
夢中になる時代がなくとも十二分に聞ける音というのは重要だ。
見事なライブだ。
これはBOWIE AT THE BEEBのおまけ?逆だったのかな?
まあ結構のんきな保管があだになってどちらかわからないのだが・・・
ベースが的確。本当にそれだけで曲を完成させている部分がある。
ASHES TO ASHES は露骨にそれがよくわかる状態だ。

そう、この艶だけで記憶が戻ってくる。
その昔結構聞いていたのかもしれない。
何気にその先が読めるということは明らかにそうなのだな。
曲がボウイがという以前にこのライブにおける演奏力のすごさは半端なものではない。
完全にその曲の持つ魅力を引き出すことに成功している。
凄い!!!そうとしか言いようがない。

果たしてこのレベルの演奏を街中で聞くことができるのだろうか????

それがプロとアマチュアの違いなのだろうね。
凄いライブだ。

BBCに感謝だね。

何故かビートルズ マジカル・ミステリー・ツアー

  • 2019.10.04 Friday
  • 21:50

JUGEMテーマ:No Music, No Life



サイケデリック期の作品になるわけだが、
なんだかんだでポール・マッカートニーのポップさ加減が。。。うーむ。
結果いまだに生きているのがジョン・レノン作品になっていくわけだ。
子供のころにはちょうどわかりやすかったものが・・・
要するに年代で明確に好みが・・・・と、いうことだね。
タイトル曲は確かに楽しい。なにかが始まる的能天気さ加減が結構よかったわけだ。
で。だが・・・・と、なるわけだ。
聞き手も年を取るというわけね。
生き残っているのは I Am the WalrusにAll You Need is Loveとなっていくわけだ。
楽しかった昔が思い出される感がするのは・・・・・いやあ・・・年か?
まあ、それだけ世界は変わったということね。

1枚をしっかりと聞くことはさすがに厳しいかな。
要するにポール・マッカートニーをどこまで・・そういうことになるわけだ。

疲れ切った体を休める・・・・もう難しいかな。
それだけ聞き手の俺が・・・・・・・・・・・・歳ね。うーむ。


アップロードは毎日やるべきだね。

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 07:49

JUGEMテーマ:No Music, No Life



そう、アップロードが難しい以前に全体の構造が・・・・・・
忘れている。。。。。おっさんの問題が噴出中。

いやあ、だから毎日適度にアップロードして体を慣らしていきます。

毎日何かを聞くことにもなるから、精神にも最高!って大げさな。
だがベース弾くのだ!補いギターも

そういう気分にようやくなってきた。
10年がかりで病気から復活するのだ。

って余計な記事ですね。

これからもよろしくです!
いつもありがとうございます。

感謝!!

ウェザー・リポート ザ・ジャコ・イヤーズ

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 07:50


何気に整理したところ出てきたジャコ・パストリアスものCDの中の一枚。
ウェザー・リポート時代の音だ。
いきなりのすさまじいソロから始まる。
そう、この手の体力系は結構その昔はコピーしてなんとか・・・の時代もあったな、俺。
だが、果たして今は?????
そろそろいい加減にベース音に手術跡も耐えられるような・・・・10年たったから、そろろろ
いや棺桶に地道に近づいているだけか?
と、まあ自分のことはいいのだ。
いい感じだね。朝には結構悪くない。
今日の晴れ空にはいい感じであっているな。
と、まあベスト盤だけに限界はあるわけだ。
さらりと聞く分には・・・・と、いうか軽く聞いてみたい系には結構悪くないな。
朝のお掃除の際の音には結構いい感じだ。

いやあ、ジャコそのものだけではないところが・・・・
そう、ジャコの音だけを・・・それはないわけだ。
だからウェザー・リポートのわけだが・・・・・

と、いうわけでジャコを目的にというわけには実はいかないというのが現実のCDです。
だがやっぱりいきなりのパンク・ジャズは結構いい感じ

そう、そのあたりだけの音だけを聞くとするのであればいいわけだ。
ジャコのコピーから始まったジャコ関係収集
ウェザーが好きか?そのあたりがポイントだな。
俺はウェザーは結構・・・・うん、そう普通。

困ったときのスライ&ロビーだな 懐かしのSOUND OF SOUND

  • 2019.09.16 Monday
  • 09:35


彼らがいなければ成り立たない感がその昔あったような・・・・そのぐらいの存在だった。
そのベスト盤。その昔の安売りで買ったのだろう。
いやあ、いきなりのいい感じでリズムが踊り始める。
マイケル・ロースが歌い始める。
その昔のブラック・ユフルーの野外ライブが懐かしだな。
いまだに覚えているぜ。・・・あっという間に終わったが。
あの凄まじきライブの歌をリズセクがこの中にもあるわけだ。
そう全12曲がこのペースで進むわけだ。
いい朝だ。何気に眼に入って手元に・・・そう、きっとそれが今日の運命なのだ。
いやあ、本気でガーネット・シルクのトゥースティングが結構いいね。
本当に素晴らしい朝がやってきているのだ。
だが外は雨。
そんなことも吹き飛ばしてくれるのが音なのだ。
快感に感じる音があれば、その先はもう幸せ。
呑気すぎかもしれないが、そのぐらいの気分でいないと、この先のトンデモない状況を乗り切れないはずだ。
最悪の政府・・・・いつも最悪なわけだが、それに対抗するには自分で自分を支えるしか・・・
その時分を支えてくれるのがスライ&ロビー!!
そういうことなのだ。
で、いい加減に選挙やろうぜ!っていいつつも出るやつらが・・・・これがダメダメでした。
ボヤキのおっさんが思わず体がノリ始める!
いやあ、いい感じの朝だ!

サンキュー
スライ・ダンパー様
ロビー・シェクスピア様

昼のアフリカン・ヘッド・チャージ グレート・ヴィンテージ1 いやあすさまじき一歩間違えば・・・

  • 2019.09.14 Saturday
  • 14:14


なんだろう、このパーカッシブな音の集大成は!
ひたすら暗がりを徨い歩く感覚というのが正解なのだろう。
その昔の地獄の黙示録のジャングルの世界が音として広がっていく感じだ。
まさしく音の空想の中での人間の動きを表現すると、このようになるのだろう。
いやあ、凄まじき音の塊が俺を攻めてくる。
基本はとにかくは不思議なパーカッションの音。
様々な音が基本となり全体を作り上げていく。
そこでベースが歌う。
そして謎の声が・・・・・・・・いやあ彷徨いの世界だな。
なんとも言えない世界が目の前に広がる。

いやあジャングルを彷徨うときっとこのような感覚になるのだろうな!
と、まあ勝手な想像をしてしまう。

何年前の音なのだ????1981-1982にあたりの音世界。
手元はon-uのもの。made in france

いやああのころが懐かしすぎだな。
音の世界が大きく変動していた時のい音だね。

なつかしさが・・・・・勝手に・・・・・・・

ううううううう

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM