疲れ切ってNO QUARTER

  • 2019.01.10 Thursday
  • 21:09


本気でクタクタで動けない。
何気に間の前のCDの山から一枚抜き出す。
なんだろう、本当になにか疲れをいやしてくれる音がやってきた。
優しい音が体を包み込んでくれる。
ジミー・ペイジの決してまろやかではないギターの音が逆に優しく聞こえてくる。
そう、人間に感じる同じ優しさと温かみがなぜか全体からやってくる。
それに言葉の優しさが重なり本当いに癒してくれる
この安らぎがきっと俺をキチンと回復させてくれるに違いない

と、まあ完全に疲れ切って何を書いているのやらの状態。
だが癒されていることは確かだ。
変に強烈にうまいわけではないが異常に何かを伝えてくれるこのギターの音が本当に安らぎになっている。
人間業ではないギターの音よりも、この人間味出しまくりのギターがなんだおる、本当にいいね。
その昔は決して感じなかった部分が聞こえてくるのだ。
さりげないハーモニクスの音が結構うまく絡む瞬間がいやあ、なんとも言えずにいい感じだ。
不思議な音の集大成と言えるであろうこの音が体を包んでくれる。
本当に最高の音がここにある。。。。。。。と、まあだが反論くらいまくるのだろう。
音楽って感じ方の問題であって理論やテクニックだけではないはずだ。
そのあたりの表現が最高にわかる音がこのノークオーターなのかもしれない。
何年聞き続けているのだろう。
21世紀になろうが、次の世紀になろうが聞かれ続けられる音の一つなのだろう。
しかしやはりこれがイギリスの音に一つなのだろう

いや、なんとも言えない民族臭さが出てくる瞬間のまとまりも最高だ。

くたばるまで聞き続けるであろう音がここにもあったのだ!

アイザック・ヘイズ、シャフト!!

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 21:38


サントラであれなんであれ、やっぱり何気にいいね。
走るような音作りのよさが付かれた自分にはちょうどよかったようだ。
気分がさえわたり、脳みそ復活。
この何気に後ろから迫ってくるような音の感じがいやあ・・・いいね。
また明日も聞くのだ。
仕事にアイザック・ヘイズ
なんだろう。コンビ組みたくなるな。
かってな思い込みをさせる音の凄さだね。
これって本気でいいから感じない音の表情がそのまま出ているわけだよね。
他にもアイザックの作品はあるから・・・まあ要するにその昔のスタックス大発売のときの購入しただけだが
まあ、しかし本気でこのミディアムテンポが気楽でいいね。
緊張をほぐし、体を無理なく動かす力があるわけだ。

頼むぜアイザック!!
では!!

ドンズ・レゲエ・コネクション1 さすがの42年前か・・・・

  • 2019.01.06 Sunday
  • 09:51


何気にラックを探すと思わずの世界がやってきた。
42年前でいいのかな1987年クレジットは?内容はその前のものになっていくるから・・・・
内容はあくまでもレゲェ中心なのか、それがダブであるのかの部分はあるが
その当時のレゲェ紹介用のディスクなのだが・・・ドンさんがDJでその案内をしている内容
グラッドストーン・アンダーソンから始まり、フランキーポール、ジョディ・モワットとつながっていく。
その当時の代表亭アーティストの音の集大成的なものをDJが案内するというもの。
もしかすると中古できわめて安い価格で入手可能なのかもしれないが・・・
ちなみに音そのものは一級品のアーティストだからかなりいい感じのもの
DJ風味が好きか嫌いかの判断ではないかと思う。
本当に気楽に流しっぱなしであればどこかのお店にいるような感じでお気楽極楽が待っているわけだ。
最高とまではいかないが悪くはないものだ。
しかし本当に歌の凄さが心を惹かれるという感じだな。
レゲェの良さが満点で伝わってくる。
その中に入っているのがミュートビートだ、いい感じでのノリの良さが本当に大好きだな俺は。
何度見たのだろうミュート・ビートは彼らが出てきたばかりのころの海外レゲェアーティストのライブには彼らが必ず前座だった。
本気でこの懐かしさとノリの良さが最高だ。
レゲェの音のつくりかたがなんとなくわかるような作品で時々探して聞くには結構いい感じの作品だ。
うーむ、だが音の良さとキレがその時代の音であることは確かだ。
お安く見つかった場合にはおすすめだな、これは。
音の作りかたがよくわかる録音という部分が楽器をやっている人には最高の部分だな。
いやあ、ベースのお稽古だな


何気にやっぱり疲れがあると聞くのがまあ不思議 ウェンディ&リサ エロイカ

  • 2019.01.04 Friday
  • 20:23


なんだかんだで永遠の魅力的な音がここにあるわけだ。
人のすきずきもあるのかもしれないが、俺はこれにもう20年以上はまっているわけだ。
1990年の文字がすべて物語っている
発売当初にとある雑誌CD紹介コーナーに載り何気に買って、そのままはまる。
音の傾向が自分の好きにはまりこんだわけだ。
いまだにこのサイケ的な軽いポップ風味の気軽なファンクが本気で疲れを癒してくれる。
最高の一枚だな。
スラップのはまりかたが本気で最高!
疲れがあっても必ず癒してくれる。
俺の好きをすべて満たしてくれるこのすごさは永遠のものなのだ!
亡きプリンスと一緒に活動をし、キチンと画像にも残っている。
なんだろう、本気でこの存在をキチンと認識させてくれるこのものすごさ。
存在感ではなく、存在しているわけだ。
このビートのうまいはまり方が本当に常に最高のビートを出していてくれる。
これからも付き合い続ける音が俺の場合はこれ!
他の音楽傾向と違うように見えたりする人もいるかもしれないが、本質は本気で様々な音にはまり込む凄さだな。
いやあ、しかい細かな音のつくりと構成とはまり方が本当にすごい。
といいつつも彼女たちの音はこれしか知らない俺。
そう、完全にはまりきっているわけだ、このエロイカに
スタートレック以上の存在が俺の心の中にある。
いやあ、今もキッチリ聞きながらなのだ。
いやあ、しかしビートのはまり方が本当にすごい!!
最高の音がここにある。

オリジナル・ロッカーズ オーガスタス・パブロ

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 11:11

ダブとはいえ、まったく重くはない
むしろダブからの発展していく過程の優れた作品ということなのだろう。
そう、新たな音の展開に対し、それにどのように声をのせていくのか?
この当時の大命題的な音の展開を見事に表現した当時の大傑作だろう。
出てくるの音のつくりが新しい方向への大シフトを見事にだしている。
当時のはDJであれラップであれ最新型の音という感じでのものであった。
それを見事に彼のダブサウンドに乗せて発展していくという感覚を露骨に出していく作品だ。
いまだに大傑作の評価しかない秘密はこのあたりの歴史的なものもあるのかもしれないが
それ以上にとにかくはいまだに新しさが衰えないという部分のすさまじさがスゴイ。
いまだに新しさを先に感じる・。。。聞き手の問題かな??
だがそのぐらいまったくもって時間の経過とともにあるはずの色の衰えが全くないのだ。
いまだに続くすごい音の新鮮さが、この作品の命となって衰えない。
歴史的な大傑作扱いが多い作品だが。。。まさしくその通りの音だ。

何気にベガース・バンケット

  • 2018.12.31 Monday
  • 11:01


何気にどこからか聞こえてくる音、何かが駆け上がってくる音が目の前にやってくる。
そう自己紹介の音が何処かからか聞こえてくるのだ。その音には不思議な香りも
香り付の音がやってくるのだ。
駆け上がりそして落ち着き歌いあげてくる。
どこからかのこころの叫び的な音が延々と続いていくのだ。
何かを求めて何かを手に入れてる
その流れの中での音が現実の中で何かを起こしているのだ。
駆け上がり叫び、そして歌い上げていく。
その中には次第に心の中の告白までがついてくる。
非常な音の真実のながれがこの作品を永遠に支え続けているのだ。
神よ許せ
最後には地の中に帰っていく。その一連の流れの中の真実がこの作品をいまだ支え続けている。
気が付くと50年なのか?
凄まじきわが人生といった感じの作品だ。
ローリング・ストーンズ、ベガースバンケット。
この音を知ってかれこれ40数年。いまだに何気に聞いている音。
離れられない音だ。

なんとなく求めてアルトン・エリス、ザ・レジェンダリー いやあ平和。

  • 2018.12.27 Thursday
  • 08:47


平和な朝を求めて・・・おいおい平日だぜ。
出がけの1枚だな。
いやあ、のどかに歌声が体に染み入ってくる。
いい感じの朝をみごとに作ってくれる。
お見事の一枚だな。
ご本人が自分のベストを選曲したという作品のようだが、実際にいい感じだ。
非常に聞きやすいというのが朝には最高と言える部分があるね。
歌声が優しいということが一番にあるのだが、それ以上に音作りの優しさだな。
本当に、優しく頭を稼働状況に持って行ってくれているのだ。
そしてバックの音の気楽な雰囲気。
これに一瞬の訴えかけるような声が絡んだ瞬間は結構いい感じになる。
そう、その昔のギターヒーローがはやった時代のギターソロの音がアルトンの声にダブって聞こえてくる。
いやあ、なんだろうこのここちの良さ。
最高のやわらかな時間を与えてくれる。

このやさしい声と音と一緒に人生を過ごしたい。
うーむ、必殺のないものねだりなのか?

そういうわけではないことをこの作品の音は明確に示してくれている。

寝起き、いや外出前のい最高の一枚だ!

疲れ切ってエリック・ドルフィ- ザ・イリノイス・コンサート

  • 2018.12.20 Thursday
  • 19:38


本気で本日もうクタクタ
心臓が重い。
いやあ、参った。本気でギブアップしたいのだが・・・・
で、何気に目に入ったエリック・ドルフィー
そう、そんなに単純な音の流れがあるわけではない。
むしろ混乱の中に身を任せ的な音の中に自分が入り込むような感じで・・
そう、身を持たれてなにも考えず、音を感じるだけ
だがそのもたれ加減で体が戻ってくるのだ。
じわじわと音が体にしみこんでくるわけだ。
そのしみこみ方のおかしさが体のマッサージとなり体をほぐしてくれる。
クタクタのダメダメ状態でも前を向こうという気分になってくる。
だが、だが。。。。。そう、このわくわく感が全身にはなかなか回っていかない。
本気で横にならねばの状態。
だが、このわくわく感が体を支えて明らかに復活の方向に持って行ってくれる。
この音の流れが人間を回復させてくれる。
じんわりと、じっくりと・・・この音の中にしばらくいることで俺はきっと復活する。
そう信じさせてくれる音がここにある。

本気の音の流れの凄さを感じる、今。

やっぱり疲労の塊のときにはライブ・デッド

  • 2018.12.13 Thursday
  • 20:34


ジェリー・ガルシアのギターの音が響き渡る。
そのギターをデッドが完全に支え切る。
ベースラインの美しさにジェリーと全体が絡んだ瞬間その瞬間が本当に美しい。
音の響きが本当に美しい。
何故にここまで絡みが美しくできるのか?
真剣にきれいに絡めているだけでどこまでも行くこのすごさ。
ギターの何気なく音階を落としながらの瞬間に全体が絡む。
その瞬間瞬間の音の美しさは絶句ものだ。
素晴らしいとしかいいようがないこの美しさがデッドの魅力そのものだ。
なんだろう、音楽云々ではないこの瞬間瞬間の美しさはどこからきてどこにいくのだろう。
ジェリーの音を生で聞きたかった。
いろいろあってなかなか日本への入国には・・・・・・実際にどうだったのだろう?

しかしこの世界の広がりと美しさは絶句だ。
いまだに凄すぎるライブ・デッド。
永遠に輝きつづけそうだ。

本当に絶句の世界だ。

疲れ切ってワイト島への旅・・・BLUE WILD ANGEL ワイト島のライブは永遠にすごいね。

  • 2018.12.06 Thursday
  • 19:10


本当にいつまでたってもすごいものはすごい!
はっきりと言い切れる音は滅多にないわけだが、その典型がこれだな。
人によっては否定をされるライブになるわけだが・・まあその手の人の方が珍しいはずだが・・
いや、本気でギターをうたわせている。
何故にギターは泣き叫ぶのか?回答はこのライブにあるわけだが・・・だがすさまじすぎ。
その昔 IN FROM THE STOMをコピーしたことがあるが・・・・必殺の自己満足
そう完コピでもそう、現実味がないわけだ。
ひたすらに音に意味を持たせることができるのがアーティストということなのだろう。
そう弾くだけなら俺はベースのおっさん。。ドナ・リーが完コピ的に弾けても意味がない。
そう、音の意味という状態にまでいくことがはたしてできるのであろうか?
その解答が永遠にでないのが我々普通の人。
プロであったとしても残念の普通の人・・・意味を持たせられなければ・・・いやあ、何年たっても凄すぎの音だ。
何回聞いても飽きない
相変わらず圧倒されるこのすごさ。
はたして俺の人生とは??????
本気でそこまで考えさせられてしまうライブだ。
凄すぎで圧倒されるのがいつものこと。だが、なんだろう、力がどこかに消えているときに聞くには最高の音。
この音の波はどこから来るのだろうか????
本当にすさまじいライブだ。

不滅のジミヘンの音だ!!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM