朝からエル・モカンボでコステロを聞く。ライブ・アット・ザ・エル・モカンボ エルヴィス・コステロ

  • 2020.04.02 Thursday
  • 10:06

JUGEMテーマ:No Music, No Life



何故に朝と書くと麻になるのだ????
まあいいや!(笑、古いな!)
とにかくはWATCHING THE DETECTIVESから終了までの一気の音の流れだな
何年聞いていいるのだこの音を
昔はブートに近かったような気がするのだが、
デーモンレコードがきっちりと出してくれたおかげでお気楽極楽に聞くことができる。
その昔のコステロは全く誰も知らずの状態。高校生の時に人と彼のことを話したら、知らぬの他人扱い食らった。
そのぐらいの扱いだったのが彼。
だが、時間がたつと・・・・そうパンチ・ザ・クロックあたりからの彼は。。。
日本にも結構来てくれて、3、4回見たな。渋谷のライブインかどこかでもライブハウス、ライブがあったような。
これは記憶が違うのかもしれないが、小さな会場でのライブもあった。
その大きさでの彼の音はかなりいい感じになってくれる。
この音がまさしくその音だ。
コステロの真実の大本に音がこれなのだ!
いやあ、バックの音が完全に彼を支え切っている。
バンドとの音の絡みが最高のライブだ。
ベースの音の流れ完全に全体を支え、それに乗ってくるバンドの音。
その音の中でコステロが熱く歌いまくる・・・って古い表現だな。
だが、まあそういう時代の音であることも確かだ。
1978年とあるのだが・・・・42年前の音ね。
いまだに有効だな。

コステロの良さがいい感じで表現されまくっているライブ。
元気が出るぜ!!

BLIND FAITHか・・・・・今の日本に一番必要なことだな。。。。

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 20:33

JUGEMテーマ:No Music, No Life



今、ちょうどプレゼンス・オブ・ザ・ロード・・・・・・ひたすらコピーにチャレンジしたな。。。
最初はクラプトンのライブヴァージョンで。。。。
この時代の音の凄さは楽器の音だけで人を引き付けてしまうことだな。
本気で延々と聞いていたくなる衝動に駆られることは間違いない。
シー・オブ・ジョイか・・・・そういう気分になりたいね。
なんだろう、人間の感情のいろいろな部分を見事に表現している感があるのは????

本気の音楽の凄さなのだろうなあ。。。。。あの時代の音楽への期待の凄さもあったのだろうね。
いまだに不滅の音の凄さがここにあるわけだ。

最高の音を協力して徹底的に凄い状態にもっていく・・・・いやあ、あこがれたな。。。
いまだにその気持ちがなぜか残っていることを知らせてくれるのがこの音もだな。

ウィンウッドの声の凄さがとにかくはいつまでも聞くことができる秘密の一つなのだろうね。
本気の音の凄さが永遠に語り掛けてくれる。
そういう作品だ。

アスワド、ライブ・アンド・ダイレクト いまだに何だろう、このリアリティ。本気の音楽の良さだな。

  • 2020.03.28 Saturday
  • 19:31

JUGEMテーマ:No Music, No Life



久しぶりの音。だがいまだに全くその艶もリアリティも全く失われていない。
本気の音楽の凄さだな。
この音は実際にライブを見ている。
そしていまだに記憶に残っている・・・というか復活した。
記憶喪失になっても、再びその音のリアリティで過去を思い出す。
そのなんとも言えない凄さはいまだに失われていない。
バンドそのものの演奏力の高さもあるが
言葉をきっちり伝えようとするその音作り
そしてその音を完全に伝えようとする歌。
盤んどそのものの凄さがいまだに表現され続けているすさまじいライブだ。

ジャケの雰囲気が現実に目の前にあったかのような気にさせてくれる。
俺もラスタファリか?そんな感じすらしたことろの音だけにいまだに本当にその艶が失われていない。
素晴らしい音だ。

体が参っているとき、疲れ切っているときに最高の助けになる音だ。

いまだに凄さが続くすさまじいライブだ。

関係ないが、明らかに変換がおかしくなっていないかい???

プリンス・ファーライ・アンド・ザ・アラブス クライタフ・ダブ・エンカウンター なかなか地味に攻め込んでくるな

  • 2020.03.13 Friday
  • 17:57

JUGEMテーマ:No Music, No Life



ほんとにそんな感じ。
地道に音を出し続けリラックスさせてくれるダブ。
いやあ、なんだろう職人芸なのだろうか?
細かいことは知らないわけだが・・・・悪くはないよって、おいおいお前が基本ダブ好きだからだろう!
そう、ダブの本質的な部分でなんだか心の中で柔らかく入ってい来る感じがする。
まあ、相変わらずほとんど情報がない中で聞くという状況
プレッシャーサウンズの13枚目が私の入り込むきっかけ
エイドリアン・シャーウッドとの絡みがあるようだ。
というかその中でのものなのだろう。
プリンスファーライのごく初期という感じというか1983年に亡くなって
この作品がという部分があるようだ。
ジャマイカでの暴動に巻き込まれたような記述があったりもするのだが・・・・
いやあ、私は記憶喪失患者(本当に)彼の名前はよく知っている。
なにしろダブの中での彼の存在は非常に大きいからだ。
とにかくはイギリスでのレゲェ・・・ブリティッシュ・レゲェの存在は彼とエイドリアンシャーウッドの絡みも当然あるのだろう。しかしクールに静かに時間が地道に過ぎていく。
ダブの良さがそのあたりにある部分もある。
だが聞き方ということもあるので、まあ一概には・・・・
だけど何気にに適度に聞いているということは、私は完全にこれでリラックスできているということ。
本気でなかなか手に入るものでもないのだろう。
なにしろ1997年にもの・・・適度に何気に買いまくっていた時代だから入手出来ているというだけ。
いやあ、何気に23年か・・・・・・・
だが手放せないね。
何年たっても有効というか生きている音
ダブの時間の流れが本当に心地よい人間には最高の音だ。



メアロー・J・ブライジ ザ・ツアー ライブの方が圧倒的にいいね。

  • 2020.03.13 Friday
  • 08:03

JUGEMテーマ:No Music, No Life


本気ですごいライブだ。
圧倒的な存在感と迫力。
物の価値以上の価値がある素晴らしい音だ。
なんだろう、伝えるものがすべてを乗り越えてやってくるこの感覚。
凄すぎ。
ライブという面でとらえた場合、他ではめったに聞くことができないものだ。
なんだろう、他ではありえない音とその迫力。
凄すぎる。4月11日のライブってことでいいわけだよね。
ジャケ裏のチケットがより一層この音を支えてくれる。
会場にいつ感覚を作り上げてくれているのだ。
真剣にここまで・・・・いやあすごい!
他に表現する言葉はないのか????

他にないのかもしれない。
真実を伝えようと全身で歌い上げてくる。
素晴らしすぎのライブ。

なんだかはまりそうな予感が・・・・・・

参りました!真剣に尊敬の音。

メアリー・J・ブライジ シェア・マイ・ワールド・・・・・懐かしいな。たぶん生を見ているはずなのだが・・

  • 2020.03.12 Thursday
  • 15:36

JUGEMテーマ:No Music, No Life



そういう時代だったはずだ。
CDについているのが1995.1997という年
そう、ニュークラシック・ソウルの時代だな。
マクスウェル、ディアンジェロの時代。
雰囲気がいい感じで、しっとりと音を聞かせてくれる。
何気にトゥースティング、おいおいレゲェじゃないぜ、軽く語りが入りながら
しっとりと歌いこんでくる。
気持ちが和らぐことは確かだ。
そう、歌が優しいのだ。そのやさしさの中で彼女が歌いこんでくる。
ゆったりとした時間が流れていく。
だが。。曲がその時代のものになってしまっているのが残念なところなのかもしれない。

だがバックがそうでもない感じの時の時代感は悪くはない。
だけどやっぱりこの時代の音なのだろうなあ・・・・・

流しっぱなしで・・・ウーム、体調次第だな、聞き手側の。
そこが無念なところ。
リズムや音の取り方がどうしてもその時代にあっていないければ
そう、見向きもされない音楽の悲しさがでてしまっているね。

彼女自体がそういう時代の服装。
やっぱり時代は変わっていくわけだ。。。。。。。
ただし、今がどういうものなのかわかっていないおっさんの戯言である可能性が大であることも確か。

だけどビート感の部分の時代が現在普通に流れてい来るものとはちょっと緩めなのだろうなあ。
うーむ・・・・・・

だけどいい感じで歌っていることは確かだよ。

後でライブを聞き流すのだ!

1999 いやあ懐かしい

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 08:16

JUGEMテーマ:No Music, No Life



ノストラダムスはどこに?????
一説によると20年ほどプラスした年が。。。という話があったような・・・

って、まあどうでもいいわけだが
それにちなんでの1999ではなかったはずだ。

プリンス絶頂期の2枚組だったはず。
みーんなが何気にしっていて、何気に軽く鼻声で・・・いや軽く口ずさんで、はないな。
だがそのぐらい話題になって、一般にもプリンスは
そうマイケル・ジャクソンの対極的な扱いだったはずだった。

しかしオーソドックスなロック風ソウルで聞きやすい作品だ。
そう、疲労回復に結構いいのかもしれない。
そのぐらいお気楽極楽な音に今は聞こえてくる。
それだけ先に彼がいっていたということなのだろう。
20年たって普通の音になった。
まあ、現実にはポップソング的な部分の方が多い作品だから本当に聞きやすい。

ちょっと子供にはの部分はまあ、限られているから
今の状況がその昔はとんでもないことだったということの証明みたいなものだろう

ビートがわかりやすく作られていて、そう、理解しやすいわけだ。
様々なビートの中ではなく、基本は歌になっているからだろう。
何かを伝えるのだ!的な音作りが本当にうまくいってるということなのだろう。

傑作とまではいかない状況にまで来ているが
その昔は・・・いやあ、びっくり状態だったはず。

本当に歌を歌いこんでいるという風に今は聞こえてくる。

疲労回復に、気楽になるには最高の一枚の一つだろう。
時代の変化ってすごいね。

プリンス・ファーライ ヘルス・アンド・ストレングス PRINCE FAR I HEALTH AND STRENGTH

  • 2020.03.08 Sunday
  • 09:28

JUGEMテーマ:No Music, No Life



本当に力ず良い野太い音とともに、プリンス・ファーライが語りを始める。
そういう雰囲気丸出しの音がなんともいい感じだ。
あからさまなレゲェのビートが全体を確実に支えている。
しかしベースの音の太さとたまにある抜けの感覚が完璧に全体を支えている。
この全体につながる音がこの作品の力強さを支えているのだろう。
とにかくはバックの音がすごい!
確実にすべての音がすべてを支え切っているのだ。
ジャケの写真通りの音がすべてを物語っている。
これぞ、なんだろう、ダブの応用編の音の典型なのだな。
プレッシャーサウンズの18の作品。
とにかくはダブにおけるすべての要素を地道に積み上げた音がこれなのだろう。
テクニックに走っているわけではない。
基礎工事を完璧に行って、最高の上物を載せているという雰囲気が丸出し!
本気であっさりと聴き手の頭の眠気を覚ましてくれる音だ。
しかしこの語りの説得力はなんだろう、言葉をはるかに超えてしまっているわけだ。
言葉よりも語り!
そう、なぜにレゲェやダブが生き残り発展してきたのかがよーくわかる音だ。
いやあ楽しい音は本気で楽しい。
音楽の良い部分のすべての要素が集まって全体を作り上げた音だ。
いやあ、しかしベースの音の重要度が真剣に大きい作品だ。

しかしこの野太さは真剣に凄すぎ

いまや、懐かしの音。プリンスが懐かしい アラウンド・ザ・ワールド・インナ・デイ

  • 2020.03.05 Thursday
  • 09:36

JUGEMテーマ:No Music, No Life


彼にはジャンルがあるのだろうか?そういう印象もあるのだが、まあ時代だね。
あの時代の最先端のポップな部分が彼だったわけだ。
まだまだいろいろなものが未知であった時代の音
そう、音はまだまだ開発中だったわけだ。
その中で彼の感性と才能が世界を切り開いてくれた。
日本にも来てくれた・・・思わず見てしまった。
いやあ、すごかったとしかいいようがない世界がそこにあった。
1日で世界を回るのだ!真実を歌っているのだろう。
おちついたソウルから華やかなポップソングまで多種多彩な音がまとまってやってくる
そう、様々な音を一発でまとめてきかせて納得させて感動させる。
ここにはそれがある。
すべての言葉に説得力があるのだ。
この言葉と音がまとまってくるのだから世界中で彼を受け入れたわけだ。
亡くなって何年たつのだ?
本当になぜに死んだのだ?
一番死んでほしくない人間がこの世にいないことの寂しさが・・・
だがこの作品の光る部分がそれを打ち消してくれるのだ。
紙ジャケの始まりのようなパッケージングで売られてそれを購入。
痛みが・・・・・・だがいまだに手放せないのは?????
そう、本当に心から離れることがないからだ。
人が人を歌う、その楽しさや幸福感に満ち溢れている

いやあ、俺も世界を一日で飛び回りたい

ワープが・・・・・・・おいおい、だけどそういう気分にさせてくれる不思議な作品だ。

永遠に聞くのだろうなあ・・・・・・

UB40 LIVE 必要な音だな、いつまでも

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 19:38

JUGEMテーマ:No Music, No Life



学生時代に聞き狂った音の一つだな。
本気でいつもとなりにいてくれたような気分がいまだにある。
失業ということがイギリスを覆いまくっていた時代の音。
そうバンド名がその手の申請書の番号だったはずだ。
真剣に考えて出てきた音がこれ。
いまだにリアリティが。。。。本当になにかが伝わってくる音だ。
訴えかけてくるものがある音のすごさがここにあるのだろうね。
すべての音に真実がある!
思い込みが激しすぎるのかもしれないが、この盤の音には真実が詰まっているのだ。

そして音の出来がかなりのもの。
永遠に伝えるものが伝わってくる音のすごさがここにあるのだ。

ライブ盤というジャンルがあるとすれば首位争いの音だな。

何年たっても新鮮な気持ちで聞き続けることができる音

このライブの真実は永遠にものだろう

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/20)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/19)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/18)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    管理人 (07/17)
  • ジュリアン・コープ フライド ジド・バレットの影響下であったことをまともに表現した作品。この後に来日でステージ大暴れ
    yuccalina (07/13)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (02/16)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    管理人 (04/09)
  • スカイラーキング(SKYLARKING) XTCの最高傑作であるはずだが、裏の話の方が面白い。トッド・ラングレンとは大喧嘩したような・・・
    ノエルかえる (04/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM